KLZD

"The book kindled my interest."

MENU

【早川】ミステリが読みたい! 2018年版/ランキング結果発表【海外編】

【はじめに】

 早川さんで、「ミステリが読みたい!2018年版」が発表されていました。

先日ノーベル賞受賞者の出版独占状態で話題となった早川さんですが、ミステリ、特に海外ミステリでも無類の強さですから、ランキングにもその色が濃くでてますね

HPはこちらから

ミステリが読みたい! 2018年版/ランキング結果発表
ミステリが読みたい! 2018年版/ランキング結果発表

では早速順位をご紹介。11〜20位まではHPでご確認を。第12位のピエール・ルメートルの『傷だらけのカミーユ』は私の一押しです。

【海外編】

10位

約束 (創元推理文庫)[Kindle版]

約束 (創元推理文庫)[Kindle版]

  • 作者:ロバート・クレイス
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日: 2017-05-11

アマゾン内容紹介

容疑者』の名コンビ再び!相棒の絆がもつれた事件を解くロス市警警察犬隊スコット・ジェイムズ巡査と相棒の雌のシェパード、マギーは、とある住宅街で逃亡中の殺人犯を捜索していた。匂いを頼りにマギーがたどり着いた家のなかには、容疑者らしい男が倒れており、さらに大量の爆発物が。同日、同時刻、同じ住宅街。私立探偵のエルヴィス・コールは失踪した会社の同僚を探しているという女性の依頼を受けて調査をしていた。単なる偶然か、それとも? 嘘をついているのは誰か。幾重にも重なる偽りの下に真実はあるのか。警察と探偵、スコット&マギーとコール&パイク、固い絆で結ばれたふた組の相棒の物語。

10位

その雪と血を (ハヤカワ・ミステリ)[Kindle版]

その雪と血を (ハヤカワ・ミステリ)[Kindle版]

  • 作者:ジョー ネスボ
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2016-10-15

アマゾン内容紹介

オーラヴ・ヨハンセンは殺し屋だ。この数年間、麻薬業者のボスに命じられて殺人を引き受けてきた。今回の仕事は、不貞を働いているらしいボスの妻を始末すること。いつものように引き金をひくつもりだ。だが彼女の姿を見た瞬間、信じられないことが起こる。オーラヴは恋に落ちてしまったのだ――。葛藤する彼の銃口は誰に向かうのか。放たれた弾丸が首都の犯罪組織を大きく揺るがす……。雪降りしきる70年代のノルウェーを舞台に、世界で著作累計2800万部を突破した北欧ミステリの重鎮が描く血と愛の物語。

9位

悪魔の星 上 (集英社文庫)

悪魔の星 上 (集英社文庫)

  • 作者:ジョー ネスボ
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 2017-02-17

アマゾン内容紹介

一人暮らしの女性が銃で撃ち殺され死体で見つかった。左手の人差し指が切断されていた上に、遺体から珍しいダイヤモンドが見つかると、猟奇的な事件に、注目が集まる。ハリー・ホーレ警部は、3年前の同僚刑事の殉職事件を捜査し続けていたが、証拠を得られず捜査中止を命じられ、酒に溺れて免職処分が決定。正式な発令までの間、この猟奇的事件の捜査に加わるが、事態は混迷を深めていく…。

8位

青鉛筆の女 (創元推理文庫)[Kindle版]

青鉛筆の女 (創元推理文庫)[Kindle版]

  • 作者:ゴードン・マカルパイン
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日: 2017-02-27

アマゾン内容紹介

三重構造の驚異のミステリ!瞠目のエドガー賞候補作2014年カリフォルニアで解体予定の家の屋根裏から発見された貴重品箱。なかには三つのものが入っていた。1945年にウィリアム・ソーン名義で発表された低俗なパルプ・スリラー。編集者からの手紙。そして、第二次大戦中に軍が支給した便箋――ところどころ泥や血で汚れている――に書かれた、おなじ著者による未刊のハードボイルド。反日感情が高まる米国で、作家デビューを望んだ日系青年と、担当編集者のあいだに何が起きたのか? 書籍、手紙、原稿で構成される凝りに凝った物語。エドガー賞候補作。/解説=村上貴史

7位

シンパサイザー 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)[Kindle版]

シンパサイザー 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)[Kindle版]

  • 作者:ヴィエト タン ウェン
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2017-08-31

アマゾン内容紹介

「私はスパイです。冬眠中の諜報員であり、秘密工作員。二つの顔を持つ男――」捕らえられた北ベトナムのスパイは、独房で告白をつづる。息もつかせぬスパイ小説にして皮肉に満ちた文芸長篇。ピュリッツァー賞、エドガー賞最優秀新人賞など六冠に輝いた傑作!

6位

湖の男 エーレンデュル捜査官シリーズ[Kindle版]

湖の男 エーレンデュル捜査官シリーズ[Kindle版]

  • 作者:アーナルデュル・インドリダソン
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日: 2017-09-21

アマゾン内容紹介

ヨーロッパミステリ大賞、バリー賞受賞北欧ミステリの巨人渾身の大作干上がった湖から発見された白骨。頭蓋骨には穴が空き、壊れたソ連製の盗聴器が体に結びつけられている。エーレンデュル捜査官たちは、丹念な捜査の末、ひとつの失踪事件に行き当たった。三十年前、一人の農業機械のセールスマンが、婚約者を残し消息を絶っていたのだ。男は偽名を使っており、アイスランドに彼の記録は一切なかった。男は何者で、なぜ消されたのか? 過去にさかのぼる捜査が浮かび上がらせたのは、時代に翻弄された人々の哀しい真実だった。

5位

その犬の歩むところ (文春文庫)[Kindle版]

その犬の歩むところ (文春文庫)[Kindle版]

  • 作者:ボストン・テラン
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日: 2017-06-08

アマゾン内容紹介

神は銃弾』で「このミステリーがすごい!」第1位。『音もなく少女は』で「このミステリーがすごい!」第2位。名匠ボストン・テランが帰ってきた。犬を愛するすべての人に贈る感涙の傑作。傷ついた人々のそばに、いつもその犬がいた。GIV――ギヴ。それがその犬の名だ。その孤独な犬の首輪に刻まれていた三文字だ。傷だらけで、たったひとり、山道を歩んでいた犬の名だ。彼はどこから来たのか。どこで、なぜ、こんなにも傷だらけになったのか。彼は何を見てきたのか。どこを歩んできたのか。犯罪が、天災が、戦争が、裏切りがあった。世界が理不尽に投げてよこす悲嘆があり、それと戦い、敗れる者たちを見守ってきた一匹の犬がいた。この世界の不条理と悲しみに立ち向かった人たちに静かに寄り添っていた気高い犬。『神は銃弾』でみせた荘厳な世界観、『音もなく少女は』でみせた崇高な人間の強さ、そしてボストン・テランにしか生み出せない乾いた詩情をたたえる文体。傷ついたひとたちの悲劇と救済を描く感動の最新作。

4位

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)[Kindle版]

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)[Kindle版]

  • 作者:エリザベス・ウェイン
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日: 2017-03-21

アマゾン内容紹介

謎」の第1部。「驚愕」の第2部。そして、「慟哭」の結末。MWA賞受賞、再読必至の巧緻なミステリ第二次世界大戦中、ナチ占領下のフランスでイギリス特殊作戦執行部員の若い女性がスパイとして捕虜になった。彼女は親衛隊大尉に、尋問をやめる代わりに、イギリスに関する情報を手記にするよう強制され、インクと紙、そして二週間を与えられる。その手記には、親友である補助航空部隊の女性飛行士マディの戦場の日々が、まるで小説のように綴られていた。彼女はなぜ物語風の手記を書いたのか? さまざまな謎がちりばめられた第一部の手記。驚愕の真実が判明する第二部の手記。そして慟哭の結末。最後の最後まで読者を翻弄する圧倒的な物語!

3位

東の果て、夜へ (ハヤカワ・ミステリ文庫)[Kindle版]

東の果て、夜へ (ハヤカワ・ミステリ文庫)[Kindle版]

  • 作者:ビル ビバリー
  • 出版社:早川書房
  • 発売日: 2017-09-15

アマゾン内容紹介

組織の命を受け、少年たちは数千キロの旅に出る。人を殺すために……。昨年英語圏で最高の評価を受けたロードノベルにしてクライムノベルの傑作。英国推理作家協会賞ゴールドダガーほか三冠達成!

2位

湖畔荘 上[Kindle版]

湖畔荘 上[Kindle版]

  • 作者:ケイト・モートン
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日: 2017-08-31

アマゾン内容紹介

『忘れられた花園』、『秘密』共に翻訳ミステリー大賞受賞21世紀のデュ・モーリアが贈る謎に満ちた物語ロンドン警視庁の女性刑事が問題を起こして謹慎処分となった。女児を置き去りにして母親が失踪したネグレクト事件を担当していて上層部の判断に納得がいかず、新聞社にリークするという荒技に走ったのだった。ロンドンを離れ、コーンウォールの祖父の家で謹慎の日々を過ごすうちに、打ち捨てられた屋敷・湖畔荘を偶然発見、そして70年前にそこで赤ん坊が消える事件があり、その生死も不明のまま迷宮入りになっていることを知る。興味を抱いた刑事は謎に満ちたこの事件を調べ始めた。70年前のミッドサマー・パーティーの夜、そこで何があったのか? 仕事上の失敗と自分自身の抱える問題と70年前の事件が交錯し、謎は深まる! 『忘れられた花園』、『秘密』共に翻訳ミステリー大賞受賞、21世紀のデュ・モーリアが贈る謎に満ちた物語。

1位

フロスト始末 上 (創元推理文庫)[Kindle版]

フロスト始末 上 (創元推理文庫)[Kindle版]

  • 作者:R・D・ウィングフィールド
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日: 2017-06-30

アマゾン内容紹介

名物警部、史上最大のピンチ!超人気警察小説シリーズ最終作今宵も人手不足のデントン署において、運悪く署内に居合わせたフロスト警部は人間の足遺棄事件と連続強姦事件、スーパー脅迫事件を押しつけられる。そこへ赴任してきたスキナー主任警部は、さながらマレット署長の小型版(体型は大型版)で、フロストを異動させるべくやってきた御仁だ。署長と主任警部のイヤミ二重唱を聞かされ続け、超過勤務をぼやきつつも、フロスト警部は捜査をやめない、やめられない。経験の浅い見習い婦人警官や、頼りにならない駄目刑事と行動を共にするうちに、さらなる難事件が……。

【あとがき】

「ミステリーが読みたい!」の特徴として文庫化や復刊も対象となるため、書かれた年数がだいぶ昔の作品も多数ランクインしてますね。 まあ今年の1位がフロスト警部の最終作なのは誰しも納得なのではないでしょうか。 次回は、国内編をお送りします。