KLZD

"The book kindled my interest."

MENU

【50%OFF】教養としてのテクノロジーフェア(12/8まで)から『いちばんやさしいブロックチェーンの教本』などオススメ本まとめ

【はじめに】

 教養としてのテクノロジーフェア始まってます。

ブロックチェーン、IoT、仮想通貨、人工知能、深層学習など今よく耳にするテクノロジーワードについての本が充実しております

 

 Amazon:教養としてのテクノロジーフェア

アマゾン内容紹介

「ブロックチェーン」について、よく目にするもののきちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか。本書はブロックチェーンの実装案件で国内トップレベルの実績を持つカレンシーポート株式会社の杉井靖典氏が、ブロックチェーンの仕組みや成り立ちを一から丁寧に解説しています。ブロックチェーンを支える「暗号技術」や「分散ネットワーク」、価値の保持者を特定する「ウォレット」、取引を記録する「トランザクション」、契約執行を可能にする「スマートコントラクト」など、難しい概念や機能を、平易な言葉と豊富な図版で解説しています。これからブロックチェーンを学びたい人が最初に読むのに最適です。
5000円ではじめる仮想通貨投資入門[Kindle版]

5000円ではじめる仮想通貨投資入門[Kindle版]

  • 作者:上野義治
  • 出版社:インプレス
  • 発売日: 2017-09-08

アマゾン内容紹介

ビットコイン以外の仮想通貨はなにを買うべきか?仮想通貨投資を始めるときにまず読んでもらいたい入門書。仮想通貨の人気セミナー講師が執筆しました。仮想通貨の仕組みから、その価値、投資方法、被害にあわない心構えなど読み物形式で手軽に読めます。暴落したときや、高騰したときに何度も読み返して自分の投資スタイルを貫きましょう。よくある投資本のチャートの味方など不要です。ルールを守って買っていくだけです。いそがしい人ほど、本書の資産運用法がお勧めです。
10年後の働き方 「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ できるビジネスシリーズ[Kindle版]

アマゾン内容紹介

今は「聞いたことがない。これは何をするんだ!?」と思うような仕事が、10年後には普通になっているかもしれません。人工知能に仕事が奪われるなどと言っている場合ではなく、今も、世界で新しい仕事が生まれています。本書は、実際に動き出している新ビジネスから、意外なアプローチで世界を変えようとしている事例をピックアップ。採用されている技術や、起業家のビジョンを紹介し、私たちの未来の姿、新しい働き方を描いていきます。Google検索やiPod、iPhoneのように、最初はただ意外に思えたものが、大きく世界を変えていきました。本書で紹介する事例にも、世界を変えてしまうものや、あなたが世界を変えるためのヒントがあるかもしれません。現在の仕事が今度どうなるか不安を感じている人、将来のキャリア設計を考える人の必読書です
これからのSierの話をしよう エンジニアの働き方改革 ThinkIT Books[Kindle版]

アマゾン内容紹介

本書は、Think ITの連載記事「これからの『SIer』の話をしよう」の内容をまとめ、加筆して書籍化したものです。日本のIT産業では「SIer はもう消える」「SI ビジネスの終焉」など、かれこれ20年ほど前からそんな声がよく聞かれてきました。本書ではSIerに所属する多くのエンジニアに向けて、「これからのSIerのあるべき姿」を開発者出身の経営者である著者の視点から解説しています。【本書の特徴】・エンジニア、経営者としての経験を基にした解説が参考になる・現在のSIerが抱えている課題とその解決法がわかる
全社員生産性10倍計画[Kindle版]

全社員生産性10倍計画[Kindle版]

  • 作者:本間 卓哉
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2017-05-29

アマゾン内容紹介

これまで300社以上の企業経営の現場を見てきた著者が、「IT活用の仕方がよくわからない」という会社に向けて、経営戦略として「利益を生む正しいITへのお金のかけ方」を教えるのが本書です。▼ 生産性を無理なく高め、確実に顧客を増やす方法いまやITの活用は、経営戦略の重要な柱の一つです。しかし、消費者心理をつかみ、締める部分は締めて順調に儲けているやり手の社長でも、なぜかムダな金を突っ込んでしまう。そんなことが多いのが「会社のIT」なのです。しかし、著者はこう断言します。「いまでは月に500円前後で、生産性を上げたり、コミュニケーションを促進したりできる優秀なクラウドツールが使えます。それらを自社の状況に応じて組み合わせれば、生産性向上と顧客の増加で、会社は確実に儲かります」▼「効率化、人、顧客、リスク」に効く経営戦略300社以上のIT活用を現場で見てきた著者が語る内容だけに説得力が高く、また企業の成功/失敗事例も豊富に盛り込んでいます。「残業が多いのに儲からない」「マーケティングがなってないので売れない」といった多くの会社に向けて、(1)ムダを削り(効率化〈時間〉)(2)少ない人数でも無理なく回せて(人)(3)しっかり稼げる仕組みをつくり(顧客)(4)リスクはできるだけ小さくする(リスクマネジメント)という4つの分野にそれぞれ効く経営戦略を示す一冊です。「残業が多いのに儲からない」「マーケティングが弱くて売れない」「いまの管理で顧客の情報が漏れないか怖い」でも、どこから手をつけていいかわからない……。そんな会社をIT活用で変える具体的方法、教えます!

アマゾン内容紹介

クラウドサービスにおいて最有力候補に挙げられるAmazon.comが提供する「Amazon Web Services(AWS)」を、AWSのスペシャリストである著者が解説! AWSは、2006年7月にたった2つのサービスでスタートしたが、その後加速度的に拡張され、約50のサービスが提供されている。クラウドサービス競合各社が、AWSのサービス/料金を基準に、自社のサービス内容を決めているのが現状だ。一方で、サービスの種類が多く、かつ変化が早いために、AWSの全容を把握することが容易ではないのも事実である。 本書は、このAWSの概要や特徴、個々のサービス内容や仕組みが理解できるよう、図解を使って丁寧に解説。 解説する内容は、ネットワーク設計の自由度も高く、セキュリティ機能も豊富な仮想サーバー、機能やOS・ストレージ容量、使用用途の選択など柔軟性も高いデータベースなどのインフラ系のサービスから、デスクトップ環境やDevOpsによるアプリ開発環境、IoTやモバイル、アナリティクス向けサービスまで、続々投入される最新のAWSサービスを、図解を使って丁寧に紹介。 AWSの基本知識がないユーザー、導入を検討している企業経営者でも、本書を読めば、AWS導入の障壁が解消できる!
あなたの会社がM2M/IoTでつまづく25の理由 (NextPublishing)[Kindle版]

あなたの会社がM2M/IoTでつまづく25の理由 (NextPublishing)[Kindle版]

  • 作者:和田 篤士
  • 出版社:インプレスR&D
  • 発売日: 2017-05-12

アマゾン内容紹介

本書は、企業がM2M/IoTのシステムを導入する際に、どのようなことを考え、どのようなプロセスで検討を進めればよいか、そしてどのような困難に直面するかを解説する、実践的な入門書です。M2M やIoT と呼ばれる技術のなかでも、特に企業の業務用のシステムとして利用する形態に焦点を当てています。そのようなシステムを社内で導入する際の、調査段階からベンダー選定、さらにローンチ後の運用フェーズの期間まで、どのようなプロセスで検討を進めていけばよいか、そしてその際にどのような点で困難にぶつかるかを解説します。(「はじめに」より)【目次】第1章 M2M/IoTの情報収集・調査の進め方第2章 システムの導入を社内提案して意思決定するときの進め方第3章 ベンダー選定の進め方第4章 M2M/IoTシステムの導入と運用第5章 M2M/IoTの海外展開第6章 会社の経営にM2M/IoTを生かす方法第7章 M2M/IoTの未来

アマゾン内容紹介

ITの正体 なぜスマホが売れるとクルマが売れなくなるのか? (NextPublishing)[Kindle版]

ITの正体 なぜスマホが売れるとクルマが売れなくなるのか? (NextPublishing)[Kindle版]

  • 作者:湧川 隆次,校條 浩
  • 出版社:インプレスR&D
  • 発売日: 2014-01-24

アマゾン内容紹介

シリコンバレーでコンサルタントとしてまた研究員として活躍する著者達が、現地での経験をもとに、ITとは何か、ITは何を変えたのか、それにわれわれはどう対応すべきかを解き明かします。
はじめてのIoTプロジェクトの教科書[Kindle版]

はじめてのIoTプロジェクトの教科書[Kindle版]

  • 作者:武下真典,幸田フミ
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016-08-26

アマゾン内容紹介

「IoT」プロジェクト成功の実践書!!モノがインターネットにつながり、さまざまな機能や付加価値を提供してくれているIoT。私たちの生活の中にも、IoT製品はあふれています。スマートフォンも身近なIoT製品のひとつです。しかし、いざ実際にIoTでビジネスを始めようとしたとき、何から始めればいいのかわからない人が多いのではないでしょうか。この本は、「IoTの教科書」としてではなく、IoTビジネスを成功させるためのポイントから、プロジェクトを進めるためのフロー、事業の成功実例まで、実践的な手法を盛り込んだ一冊となっています。また、読者の方々にIoTの難しさを感じさせないよう、IoT専門家とIoTに詳しくないキャラクターによる会話形式で、わかりやすく読めるように構成しました。この本を読んだ方々にとって、この書籍がこれから日本でもさらに加速していくIoTプロジェクトのための一助になることでしょう。目次序章 スマホがなくなる日第1章 ITの歴史からIoT時代を考える第2章 新規事業担当者のよくあるIoT勘違い第3章 ビジネスとして成り立つIoTの条件は“Usable"第4章 実践編 IoTプロジェクトの進め方第5章 IoT製品化の実例からわかる、本当に必要な力とはコラム 漫画『宇宙兄弟』×IoT=実物のUFO!?
こんなにスゴイ! 地図作りの現場 (NextPublishing)[Kindle版]

こんなにスゴイ! 地図作りの現場 (NextPublishing)[Kindle版]

  • 作者:片岡 義明
  • 出版社:インプレスR&D
  • 発売日: 2016-10-21

アマゾン内容紹介

いまやスマホで手軽にナビゲーションが使える時代、地図サービスは現実の世界を素早く反映し、更新することが求められています。本書はデジタル地図や位置情報サービスの最前線を追う著者が、大手地図会社や国土地理院、地図コミュニティー、IT企業の地図制作現場を取材。アナログで地道な人手の作業からデータをデジタル加工して更新していくその過程をレポートします。INTERNET Watch連載「趣味のインターネット地図ウォッチ」の内容に書き下ろしを加えて書籍化。これを読むとあなたも地図LOVEになること間違いなし!【目次】ゼンリン~全国1000人の調査員による地図更新~インクリメントP~実走調査による画像を使った高品質なネットワークデータ~昭文社~デジタルと紙の融合、山と観光の地図~国土地理院~他組織との連携で効率よく地図を更新~OpenStreetMap~市民の手で自由な地図データを構築~ヤフー~日本人に使いやすい地図を追究した「Yahoo!地図」~
「5秒で伝え、共感させる」YouTube広告術[Kindle版]

「5秒で伝え、共感させる」YouTube広告術[Kindle版]

  • 作者:徳山 亨,野村 勇樹
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016-04-15

アマゾン内容紹介

近年、注目を集めているYouTube。YouTuberで有名になり多額の収入を得ている人も増えた。しかしビジネスでYouTube広告を活用して飛躍的にビジネスを好転させている企業はまだまだ少ないのが現状。 Googleが運営するYouTubeはこれから「テレビ」に変わる媒体として益々注目を集めていくことは間違いありません。この媒体の特性と将来性を理解してこれからのビジネスに活かしていくことが今の経営者やマーケティング担当者には必要になります。時代は変化し、人々の生活も変化しています。少しの空いた時間、少しの移動時間、自分だけのリラックス時間にYouTubeは閲覧される媒体。YouTubeを使いこなすことがこれからのあなたのビジネスにインパクトを与えることは間違いありません。
シンギュラリティ  = SINGULARITY:限界突破を目指した最先端研究[Kindle版]

シンギュラリティ = SINGULARITY:限界突破を目指した最先端研究[Kindle版]

  • 作者:NAIST-IS書籍出版委員会
  • 出版社:近代科学社
  • 発売日: 2016-08-01

アマゾン内容紹介

シンギュラリティは近年、科学技術一般用語として「技術的特異点」としても用いられている。本書は、これを「現在の技術による限界点」ととらえ、奈良先端科学技術大学院大学の情報科学分野の50名超の研究者が総力をあげて様々な研究分野における「限界点」を示し、その点に近づき突破するための研究チャレンジをまとめた。

【あとがき】

いかかでしたでしょうか。対象68タイトルから12冊を紹介させていただきました。近年のテクノロジーがどんどん専門家を極めていけばいくほど、中身はブラックボックス化していくでしょうから、それをビジネスチャンスにするにしろ、技術として利用するにしろ、概要だけでも知っているだけで交渉の中身が変わってくると思われます。この機会にぜひ知識を広げてみるのはいかがでしょうか。