kindlized

"The book kindled my interest."

MENU

【Kindle】Amazon『50%OFF以上』 ビジネス書フェアより2017ノーベル経済学者による『実践 行動経済学』や『アイデア大全』などオススメタイトル厳選まとめ

【はじめに】

『50%OFF以上』 ビジネス書フェアがAmazonでkindle本を対象に行われております。

対象3351冊とかなり大規模となっておりますので、その中から厳選したタイトルをご紹介します。

amzn.to

実践 行動経済学[Kindle版]

実践 行動経済学[Kindle版]

  • 作者:リチャード・セイラー,キャス・サンスティーン
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日: 2017-03-15

アマゾン内容紹介

賢く選び、より良く生きたいあなたをサポート!そんな新たな経済学の登場。なぜ貯金がたまらないのか?どんなローンが得なのだろう?賢い投資法とは?――ダイエット・禁煙から、お金にまつわる種々の問題まで、人生は難しい選択に満ちている。本書のテーマ「ナッジ」(NUDGE)は、「ヒジで軽く相手をつつくように」、適切な選択を促したり、危険を回避させるしぐさである。この心優しい“ナッジの経済学”の目的は、ごくごく平凡な人々を幸福へ向けて後押しすることにある。さらには、国民を不幸にしない公的保険制度のあり方、あるべき環境・省エネ政策の輪郭をも提示する。「使える行動経済学」の全米ベストセラー。

今年のノーベル賞受賞は記憶に新しいところ

 

ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則[Kindle版]

ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則[Kindle版]

  • 作者:ジム コリンズ;ジェリー ポラス
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日: 2014-08-29

アマゾン内容紹介

企業の使命として株主への利益還元がさけばれて久しい。しかし、ジョンソン・エンド・ジョンソンのように企業が奉仕する優先順位として1に顧客、2に社員、3に地域社会、最後にようやく株主という基本理念を掲げる企業がアメリカの経営者から尊敬を集めているのも事実だ。 本書は、アメリカの主要企業のCEOから採ったアンケートによって選び出された18社の歴史に対する6年間の調査から生み出されたレポート。企業を組織する人間が企業内に活力を生み出すのは、カネでは計れない動機づけにあるというシンプルな「真理」が、ライバル企業と比較された各社の資料、エピソードから浮き彫りにされる。著者の1人であるコリンズはコンサルティングも手がける大学教授であるためか、随所に抽象化された概念と企業が取るべき方策が図を合わせて示される。しかし、経営指南よりも、世界を代表する大企業の決断の歴史が斜め読みできる魅力の方が大きいだろう。(青木 明)

超有名本。2、3年前にKindle化した際にはすぐに購入したのものです

 

5000円ではじめる仮想通貨投資入門[Kindle版]

5000円ではじめる仮想通貨投資入門[Kindle版]

  • 作者:上野義治
  • 出版社:インプレス
  • 発売日: 2017-09-08

アマゾン内容紹介

ビットコイン以外の仮想通貨はなにを買うべきか?仮想通貨投資を始めるときにまず読んでもらいたい入門書。仮想通貨の人気セミナー講師が執筆しました。仮想通貨の仕組みから、その価値、投資方法、被害にあわない心構えなど読み物形式で手軽に読めます。暴落したときや、高騰したときに何度も読み返して自分の投資スタイルを貫きましょう。よくある投資本のチャートの味方など不要です。ルールを守って買っていくだけです。いそがしい人ほど、本書の資産運用法がお勧めです。

2017年はビットコイン元年でしたね。これから始めようというひとへ

 

人を動かす 文庫版[Kindle版]

人を動かす 文庫版[Kindle版]

  • 作者:D・カーネギー
  • 出版社:創元社
  • 発売日: 2016-01-26

アマゾン内容紹介

500万部を超える公式版から主要部分を集約した文庫エッセンシャル版あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著。人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに説き起こす。深い人間洞察とヒューマニズムを根底に据え、人に好かれて人の心を突き動かすための行動と自己変革を促す感動の書。1936年の初版刊行以来、改訂が施されてきた現行の公式版である『新装版 人を動かす』から本編30章を収載した。

超定番。でも結局ここにたち帰ってくる感じはあります。

 

マネーの公理[Kindle版]

マネーの公理[Kindle版]

  • 作者:マックス ギュンター
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日: 2013-09-10

アマゾン内容紹介

「投機」の叡智を凝縮した一冊。日本初公開!英国で1976年に出版され、ウォール街で密かにロングセラーになっている「投機の教科書」。かつて金融界で名を知られたスイスの金融マフィア「チューリッヒの小鬼たち」による儲けの掟を初めて明文化した。リスクを巧みにコントロールしながら資産を積み上げるためのノウハウと教訓を凝縮。個人投資家の間で圧倒的な人気を誇るカリスマトレーダー、ラリー・ウィリアムズ氏も、「一度読んだら絶対に薦めたくなる」と絶賛する。投資家のみならず、これから社会に出て資産を形成しようという人、あるいは定年後の資産管理を考えている人にも、ぜひ読んでいただきたい「お金の教科書」である。

学校で教えるべきお金の教科書

 

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>[Kindle版]

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>[Kindle版]

  • 作者:リンダ グラットン
  • 出版社:プレジデント社
  • 発売日: 2012-09-28

アマゾン内容紹介

これからずっと「食えるだけの仕事」でいいですか?全世代必読、「働き方」の決定版。否応なくグローバル化されるビジネス環境において、誰と、どこで、どうやって働きたいか。これからはそれを主体的に選ぶことが可能な時代である。人口、テクノロジー、エネルギー、都市化など、あらゆる角度から近未来の働き方を予測し、複数の選択肢を提示した話題の書。《下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する》2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか? ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。《働き方が変わる! “5つのトレンド”》●テクノロジーの発展●グローバル化●人口構成の変化と長寿化●個人、家族、社会の変化●エネルギーと環境問題《働き方を変える! “3つのシフト”》●ゼネラリスト→連続スペシャリスト●孤独な競争→みんなでイノベーション●金儲けと消費→価値ある経験 「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、 忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、 勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。 覚悟を持って選べば、未来は変えられる。【目次より抜粋】◆プロローグ 働き方の未来は今日始まる◆序章 働き方の未来を予測する《第1部 なにが働き方の未来を変えるのか?》◆第1章 未来を形づくる五つの要因《第2部 「漫然と迎える未来」の暗い現実》◆第2章 いつも時間に追われ続ける未来―三分刻みの世界がやって来る◆第3章 孤独にさいなまれる未来―人とのつながりが断ち切られる◆第4章 繁栄から締め出される未来―新しい貧困層が生まれる《第3部 「主体的に築く未来」の明るい日々》◆第5章 コ・クリエーションの未来―みんなの力で大きな仕事をやり遂げる◆第6章 積極的に社会と関わる未来―共感とバランスのある人生を送る◆第7章 ミニ起業家が活躍する未来―創造的な人生を切り開く《第4部 働き方を<シフト>する》◆第8章 第一のシフト―ゼネラリストから「連続スペシャリスト」へ・なぜ、「広く浅く」ではだめなのか?・高い価値をもつ専門技能の三条件・未来に押しつぶされないキャリアと専門技能・あくまでも「好きな仕事」を選ぶ・移動と脱皮で専門分野を広げる・セルフマーケティングの時代・カリヨン・ツリー型のキャリアを築く◆第9章 第二のシフト―孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ・未来に必要となる三種類の人的ネットワーク・ポッセを築く・ビッグアイデア・クラウドを築く・自己再生のコミュニティを築く◆第10章 第三のシフト―大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ・なぜ、私たちはお金と消費が好きになったのか?・消費より経験に価値を置く生き方へ・<シフト>を実践する◆エピローグ 未来のために知っておくべきこと

もう発売から3年ほどたちますが、ついにこの中に書かれていることが当たり前として現実化してきた実感があります

 

HIGH OUTPUT MANAGEMENT[Kindle版]

HIGH OUTPUT MANAGEMENT[Kindle版]

  • 作者:アンドリュー・S・グローブ
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日: 2017-01-11

アマゾン内容紹介

シリコンバレーのトップ経営者、マネジャーに読み継がれる不朽の名著、待望の復刊! ! インテル元CEOのアンディ・グローブが、後進の起業家、経営者、マネジャーに向けて、一字一句書き下した傑作。『HARD THINGS』著者のベン・ホロウィッツ、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグなど、シリコンバレーの経営者や幹部たちに読み継がれ、大きな影響を与えてきた。アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、マネジャーが最も注力すべき仕事はなにか、タイムマネジメントの方法、意思決定のときにしてはいけないこととは、ミーティングはどう進めるべきか、1対1の面談(ワン・オン・ワン)ではなにを話すのか、人事評価はどう判断すべきか――。マネジャーなら誰もが悩むことに答えてくれる、実践的で役に立つアンディ・グローブのアドバイスが満載の経営書である。<シリコンバレーの起業家など著名人が絶賛! >「世界最高の経営書だ」――ベン・ホロウィッツ(『HARD THINGS』著者)「僕の経営スタイルの形成に、本書は大きな役割を果たした」――マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)「シリコンバレーのトップ企業は何ができるか、アンディは最高のモデルを築きあげた」――マーク・アンドリーセン(ブラウザ発明者、アンドリーセン・ホロウィッツ共同創業者)「非常に大切なことをすばらしく教えてくれる重要な本」――ピーター・ドラッカー

マネージメント、経営本の定番本。経営者の枕頭の書に。

 

コンテナ物語[Kindle版]

コンテナ物語[Kindle版]

  • 作者:マルク レビンソン
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日: 2013-09-10

アマゾン内容紹介

20世紀最大の発明品の1つといわれるのがコンテナ。コンテナの海上輸送が始まったのは1956年3月のことだ。アメリカの陸運業者マルコム・マクリーンは、コスト削減と交通渋滞回避のため運賃の安い沿岸航路に目をつけ、トラックから「箱」だけ切り離して船に載せるアイデアを思いつく。陸上、海上輸送の兼業を禁止する規制当局と戦い、さらには埠頭を牛耳る沖仲仕の組合の抵抗を押さえ、1956年3月、コンテナの海上輸送が世界で初めて実現する。天性の企業家マクリーンは次々に船会社を買収し、ベトナム戦争では軍事物資の輸送に食い込み、世界最大級の海運業者に飛躍する。日本、韓国、シンガポールなどアジアの国々は、巨大なコンテナ専用埠頭を設置し、欧米との貿易で巨額な黒字を溜め込み、世界経済への影響力を増していく。グローバルな経済の成り立ちを「箱」に焦点を当てて振り返ったノンフィクション。

数年前にビルゲイツが「今年読むべき5冊」に選出

 

天才たちの日課[Kindle版]

天才たちの日課[Kindle版]

  • 作者:メイソン・カリー,金原瑞人,石田文子
  • 出版社:フィルムアート社
  • 発売日: 2016-10-24

アマゾン内容紹介

偉人たちも、いや偉人たちこそ、最高の仕事をするために、毎日どう時間をやりくりし、どう過ごせば創造性や生産性を高められるかを悩んでいました。彼らはどう解決していたのでしょうか。そのヒミツは日常のごく平凡な小さな積み重ねにあったのです!本書では、古今東西の小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映画監督など161人の天才たちの、これまで見過ごされてきた「仕事の周辺」に注目。起床時間、就寝時間といった毎日のスケジュール、部屋での様子や生活信条、仕事の際のクセやこだわり、嗜好品をまとめることで見えてきた、知られざる素顔や意外な事実は、驚きとともに、創造的な活動を続けるための秘訣に値する手がかりが満載でした。◆ハイスミスは動物好きで、特に猫とカタツムリに強い愛着を感じ、100匹のカタツムリを夜のお伴にしていた!◆ヘミングウェイは自分をごまかさないため、毎日書いた語数を記録していた!◆マルクスは人生で一度も定職につかず、金銭管理能力がなかった!かつてイチロー選手が朝食に決まってカレーを食べていたり、スティーブ・ジョブズが黒いタートルネックしか着なかったことなども、ある行為を習慣化させることで日常生活でのストレスを徹底して避けるための策であったと言われています。彼らは限られた資源である時間や意志、自制心などを有効活用するための仕組みを常に意識し、実行していたのでしょう。どんなに偉大な作家でも、孤独との戦いがあり、苦しい閉塞状態やスランプを抱えながら机に向かわなくてはいけないのは今も昔も変わらないこと。先人たちの成し遂げてきた仕事と歴史に思いを馳せることで、そっと背中を押されたような勇気が溢れてくるはず。好奇心と向上心をくすぐる、発見に満ちた一冊です!

偉人の生活を垣間見ると、どこか「狂気的」!?

 

アイデア大全[Kindle版]

アイデア大全[Kindle版]

  • 作者:読書猿
  • 出版社:フォレスト出版
  • 発売日: 2017-03-09

アマゾン内容紹介

■アイデアの百科事典企画営業・マーケター・クリエーター・商品開発・起業家……一生使える必携の書。煮詰まった/ネタ切れ/思いつかない/パクりたい/変えられない/才能に自信がない/どうしたらいいかわからない……◎数々のアイデア法をツールとして読者自身が試せるように、 具体的な手順を思考のレシピとして解説、具体例(サンプル)も明示し、実用性を追求。◎一方で、その底にある心理プロセスや、方法が生まれてきた 歴史あるいは思想的背景にまで踏み込み、知の営みの縱橫のつながりを理解する。単なるマニュアルには留まらない、眠ってしまった創造力と知的探求心を挑発し、呼び起こす、アイデアの百科事典。■解説する技法一覧発想法や創造性開発の分野だけでなく、本書では類書が扱う範囲を超え、科学技術、芸術、文学、哲学、心理療法、宗教、呪術など多くの分野を渉猟し、新しい考えを生み出す42の技法をまとめている。01 バグリスト/02 フォーカシング/03 TAEのマイセンテンスシート/04 エジソン・ノート/05 ノンストップ・ライティング /06 ランダム刺激/07 エクスカーション/08 セレンディピティ・カード/09 フィンケの曖昧な部品/10 ケプナー・トリゴーの状況把握/11 空間と時間のグリッド/12 事例-コード・マトリクス/13 P.K.ディックの質問/14 なぜなぜ分析/15 キプリング・メソッド/16 コンセプト・ファン/17 ケプナー・トリゴーの問題分析/18 仮定破壊/19 問題逆転/20 ルビッチならどうする?/21 ディズニーの3つの部屋/22 ヴァーチャル賢人会議/23 オズボーン・チェックリスト/24 関係アルゴリズム/25 デペイズマン/26 さくらんぼ分割法/27 属性列挙法/28 形態分析法/29 モールスのライバル学習/30 弁証法的発想法/31 対立解消図(蒸発する雲)/32 バイオニクス法/33 ゴードンの4つの類比(アナロジー)/34 等価変換法/35 NM法T型/36 源内の呪術的コピーライティング/37 カイヨワの〈対角線の科学〉/38 シソーラス・パラフレーズ/39 タルムードの弁証法/40 赤毛の猟犬/41 ポアンカレのインキュベーション/42 夢見古代の弁論家、ルネサンスのユマニストらが論じたように、発想法は我々の知的営為の最初に来るもの、それゆえに最も肝要なものである。正しく論を組み立てることも、構想を広げ、また現実化することも、まず〈考え〉を始めることなくしては、成り立たない。まだ誰も見たことのない何かに向けて考え始めよう。ここに集めた技法は、そのための道具(ツール)である。――著者「まえがき」より■目次まえがき 発想法は人間の知的営為の原点第Ⅰ部 0から1へ第1章 自分に尋ねる第2章 偶然を読む第3章 問題を察知する第4章 問題を分析する第5章 仮定を疑う第Ⅱ部 1から複数へ第6章 視点を変える第7章 組み合わせる第8章 矛盾から考える第9章 アナロジーで考える第10章 パラフレーズする第11章 待ち受けるアイデア史年表索引

スゴ本さん激賞の一冊

 

読書猿『アイデア大全』はスゴ本: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

鬼速PDCA[Kindle版]

鬼速PDCA[Kindle版]

  • 作者:冨田和成
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016-10-24

アマゾン内容紹介

PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(検証)、ACTION(調整)の4ステップからなるPDCAサイクルは、ビジネスパーソンであれば誰もが知る古典的なフレームワークだ。しかし、PDCAほどわかっているつもりでわかっていない、そして基本だと言われているのに実践している人が少ないフレームワークも珍しい。PDCAを極め、「鬼速」で回せるようになると、仕事に一切の迷いや不安がなくなる。そして、常にモチベーションを保ったまま、天井知らずに成果をあげられるのだ。★「鬼速PDCA」とは?「鬼速PDCA」とは、PDCAを、高速を超える「鬼速(おにそく)」で回すことを指す。このPDCAモデルは我流ではあるが、10年以上の実践を通して磨かれてきたものだ。野村證券時代に支店での営業やプライベートバンカーとして数々の最年少記録を残せたのも、独立後わずか2年で月間1000万PVを超えるWebサービスを作れたのも、すべて鬼速PDCAを実践してきたおかげである。★「鬼速PDCA」のしくみ- 目標へのロードマップの全貌をロジカルに導く「因数分解」- キャパオーバーを防ぐ「工数棚卸しシート」- 仕事の先送りがなくなる「半週ミーティング」- 仕事のモレ・ムダがなくなる「鬼速進捗管理シート」- 日々の気づきを行動に変える「なるほどシート」- 自分を成長させる習慣を定着させる「ルーチンチェックシート」

去年のベストセラー

 

アマゾン内容紹介

シリコンバレー発 注目のマネジメント手法リーン・スタートアップとは、新しい製品やサービスを開発する際に、作り手の思い込みによって顧客にとって価値のないものを作ってしまうことに伴う、時間、労力、資源、情熱のムダをなくし、時代が求める製品・サービスを、より早く生みだし続けるための方法論です。■新しいことを始める人すべてが起業家著者自身が、起業で失敗を重ねる過程で得た考え方ですが、それは会社を興す人にかぎらず、企業や組織のなかであっても新しい事業を始めようとする人にも役立ちます。本書のなかでも、「スタートアップとは、不確実な状態で新しい製品やサービスを創り出さなければならない人的組織であり、そこで働く人は皆アントレプレナー(起業家)である」と語っています。■「構築―計測―学習」のフィードバックループリーン・スタートアップは具体的には、「構築―計測―学習」のフィードバックループを通して、まず要となる仮説に基づいて実用最小限の製品(MVP)をすぐに作って、実際に顧客に使ってもらった実験結果から、成長につながる価値を学ぶ(検証による学び)という工程をくり返します。その中で、仮説に対して結果が違ったら、そのまま進むか、あるいは方向転換(ピボット)するかを選びます。その判断基準も、いっときの成果ではなく、事業として継続できるかどうかを見る、著者ならではの鋭い指摘が示されています。■リーン・スタートアップの本質は、不確実で先が読めない時代への挑戦本書の中でたびたび登場する言葉が「不確実な状況」であり「価値」です。著者はロケットの発射のように綿密な計画を立て、わずかでも仮説が間違っていたために悲惨な結果を招くよりも、自動車の運転のように状況に応じで進路を変えながら進んでいく操縦法が起業においては重要であると説きます。先の見えない不確実ないまの時代、失敗をくり返さなければすばらしい新製品は開発できず、価値を正しく見極め、失敗をムダにしないためのアプローチがリーン・スタートアップです。

起業戦略の一つ。今では主流といっていいほどに

 

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか[Kindle版]

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか[Kindle版]

  • 作者:ピーター・ティール,ブレイク・マスターズ
  • 出版社:NHK出版
  • 発売日: 2014-09-25

アマゾン内容紹介

空飛ぶ車が欲しかったのに、手にしたのは140 文字だ「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、ただの140 文字や“永遠の15 分” を超えた未来について考えなければならない。ZERO to ONE はシリコンバレーを教科書に、難題を克服してこれまで存在し得なかった偉大な物事を築きあげるための本だ」 by Peter Thielたとえば、日本が「失われた20年」と言われている間に、世界のイノベーションを引っ張っているのはアメリカ、特に西海岸のシリコンバレーだ。アップルやフェイスブックといった名前がすぐに思い浮かぶけれど、数多のスタートアップが起業しては消えていく世界でもある。そんな中、次々と成功する企業を立ち上げる起業家集団がある。オンライン決済サービス・ペイパルの初期メンバーとして繋がりが深く、現在もシリコンバレーで絶大な影響力を持つことから「ペイパル・マフィア」とも呼ばれる彼らは、ご存知ユーチューブ(YouTube)をはじめ、電気自動車のテスラ・モーターズや民間宇宙開発のスペースXからイェルプ(Yelp!)、ヤマー(Yammer)といったネットサービスまで、そうそうたる企業を立ち上げてきた。本書はそのペイパル・マフィアの雄、ピーター・ティールが、母校スタンフォード大学で行った待望の起業講義録である。■日米同時発売■ピーター・ティール with ブレイク・マスターズ=著関 美和=訳日本語訳序文=瀧本哲史 推薦!(ビジネス書大賞『僕は君たちに武器を配りたい』)[目 次]日本語版序文 瀧本哲史はじめに 1.僕たちは未来を創ることができるか 2.一九九九年のお祭り騒ぎ 3.幸福な企業はみなそれぞれに違う 4.イデオロギーとしての競争 5.終盤を制する―ラストムーバー・アドバンテージ 6.人生は宝クジじゃない 7.カネの流れを追え 8.隠れた真実 9.ティールの法則10.マフィアの力学11.それを作れば、みんなやってくる?12.人間と機械13.エネルギー2.014.創業者のパラドックス終わりに―停滞かシンギュラリティか

起業する人は全員これを読むべきと思う1冊。

 

アマゾン内容紹介

【世界を一変させたWindows95の設計思想を生み出した伝説の日本人が教える 人生を制するスピード仕事術】本書の著者、中島聡氏は、「ドラッグ&ドロップ」や「ダブルクリック」などの概念を生み出した元マイクロソフトの伝説のプログラマーです。多忙を極め、納期遅れが蔓延するプログラマーの世界で、中島氏は「一度も納期に遅れたことがない男」として活躍。なぜ締め切りを守りつつ、世界を変える発明ができたのか?この思考を知れば、きっと「楽しい仕事」でいっぱいの未来が訪れます。

仕事においてスピードこそ至高であると教える一冊

 

サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法[Kindle版]

サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法[Kindle版]

  • 作者:チャディー・メン・タン,一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート
  • 出版社:英治出版
  • 発売日: 2016-05-17

アマゾン内容紹介

Google発、世界のビジネスリーダーが実践する能力開発プログラムのすべて!なぜGoogleの社員は、楽しく創造的に働き、柔軟性を持ち、優れた成果を上げられるのか? その鍵を握るのが、「心」に関する独自の研修「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」。心を整える手法「マインドフルネス」を、科学に基づき、日々実践しやすい形にしたこの研修はGoogle内で熱狂的に支持され、SAP、アメリカン・エキスプレス、LinkedInなど他の企業や大学にも次々に採用されている。その内容を開発者が自ら語った本書は、まさにマインドフルネス実践のバイブル。1分でできるものから本格的なものまで、自己管理力、創造性、人間関係力など様々な能力を高める技法をわかりやすく伝授する。

実践的な方法についての分量は意外と少なめ。導入過程などに重き。

 

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則[Kindle版]

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則[Kindle版]

  • 作者:ケヴィン・ケリー
  • 出版社:NHK出版
  • 発売日: 2016-07-27

アマゾン内容紹介

テクノロジーの不可避な変化が向かう未来とは?人工知能、 仮想現実、 拡張現実、 ロボット、ブロックチェーン、 IoT、 シンギュラリティ――これから30年の間に 私たちの生活に破壊的変化をもたらすテクノロジーはすべて、12の不可避な潮流から読み解ける。前作『テクニウム』でテクノロジ一進化の原理を鮮やかに描き出したWIRED創刊編集長による待望の最新作!(原書タイトル:THE INEVITABLE)[目次]1.BECOMING —ビカミング2.COGNIFYING —コグニファイング3.FLOWING —フローイング4.SCREENING —スクリーニング5.ACCESSING —アクセシング6.SHARING —シェアリング7.FILTERING —フィルタリング8.REMIXING —リミクシング9.INTERACTING —インタラクティング10.TRACKING —トラッキング11.QUESTIONING —クエスチョニング12.BEGINNING —ビギニング

ビットコインの隆盛が予測できたものであるからには、次に来るものも

 

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン[Kindle版]

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン[Kindle版]

  • 作者:カーマイン ガロ
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日: 2013-08-13

アマゾン内容紹介

 日本で多くの方が『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』を買ってくださっているというお話を聞き、たいへんうれしく思っています。本書で取りあげたアイデアを多くの人が学んでくださる-コミュニケーションコーチとして、これ以上の喜びはありません。  私はコミュニケーションコーチですから、すばらしいスピーチをされる企業人がどのようなテクニックを使っているのか、常に注意しながら見ています。会社や製品を背後で支えるストーリーを上手に伝えるヒント、ほかの方々に役立つヒントはないかと探しているのです。スティーブ・ジョブズについては、2冊の本を書きました。ジョブズほどのプレゼンターは世界中を探してもそうそういないと思うからです。具体的な例を紹介しましょう。  つい先日のことですが、10月20日の水曜日、スティーブ・ジョブズは、“Back to the Mac”と題して新製品の紹介を行いました。あのプレゼンテーションでも、本書で紹介したさまざまなテクニックが使われています。同じテクニックを次回のプレゼンテーションで使ってみませんか? きっと、メッセージのインパクトが強くなりますよ。  まず第一に、ツイッターに投稿してもおかしくないヘッドラインを考えます。スティーブ・ジョブズは、新製品の概要をはっきり、かつ、手短に紹介する一文を用意します。11インチのMacBook Airを紹介したときの言葉はこうでした-「MacBookにiPadが合体するとこうなるんだ」。巧みな一言ですよね。この言葉、「MacBookにiPadが合体」は、数分のうちにCNNの見出しとなりました。このように、会社でも製品でも、70文字以内で表現するようにしましょう。  第二に、数字を上手にドレスアップしましょう。スティーブ・ジョブズをはじめとするアップルのスピーカーは、大きな数字にかならず文脈を添えてくれます。アップルの売上のうち、33%がMacだと紹介したアップルCOOのティム・クックもそうでした。普通ならここで話が終わるはずですが、クックは説明を続けました。売上高としては220億ドルになると紹介したのです。これでもまだ終わりません。Mac部門が独立した会社だったら、米国で110番目に大きい会社になるほどの売上だと説明したのです。大きな数字だけをポンと投げださないこと。みんなにわかりやすい文脈を添えて覚えやすくしましょう。  第三は、3点ルールを守ること、です。人が短期記憶で取り扱えるのは、3点か4点がいいところです。22点ものことを覚えてもらおうとしても、それは無理なのです。先日の水曜日、スティーブ・ジョブズはアップル人気のソフトウェアの新バージョン、iLife 11を発表しました。そのときジョブズは、新機能はたくさんあるけれど、そのうちの3つ、iPhoto、iMovie、Garage Bandを取りあげたいとしました。これがジョブズ流-3点に絞るのです。これは効きますよ。  誰も思いつかなかった世界一のアイデアや画期的な製品、ユニークなサービスを思いついても、コミュニケーションのスキルがないと、周りを説得できずに終わりがちです。そのスキルを何十年にもわたって磨いてきたのがスティーブ・ジョブズなのですから、彼からは多くのことが学べるはずです。   (翻訳:井口 耕二)

今だに売れているみたいですね

 

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則[Kindle版]

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則[Kindle版]

  • 作者:カーマイン ガロ
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日: 2014-07-19

アマゾン内容紹介

TEDの素晴らしいプレゼンをカーマイン・ガロが分析。TEDの人気プレゼンターに学べる9つの法則を解き明かす! 30万部のベストセラー『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』と同様に、共感を呼んだTEDプレゼンを分析。TEDのようなすごいプレゼがができるようになるための法則を解説する

TEDのプレゼンを解剖していくつかのルールにして提示

 

アクション リーディング 1日30分でも自分を変える“行動読書”[Kindle版]

アクション リーディング 1日30分でも自分を変える“行動読書”[Kindle版]

  • 作者:赤羽 雄二
  • 出版社:SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016-05-26

アマゾン内容紹介

◆100冊読んでも変わらない人から、1冊読んでも変われる人になる「読み方」・本を読んでも何も身についた気がしない・時間がないから、そもそも本が読めない……そう考える方は多いと思いますが、実は、それは読み方が違うのです。本書では、マッキンゼーという超多忙な職場にいながらも確実に本を読み、身につけていった著者の本の使い方を紹介するもの。たとえば、マッキンゼー時代は短期間で十数冊の本を頭に入れ、それを仕事で参照しながら、より具体的な知識として自分の身につけていったそう。MBAがなくても仕事ができたのは、本の読み方のおかげともいえます。秘訣は、「行動につながる」ことを意識した読書をすること。でも方法は意外と簡単なことなのです。本書ではその方法を紹介していきます。◆「時間がなくて本が読めない」がなくなる!「時間がなくて本が読めない」「積読が増える」これは大きな悩みです。本書で提唱する「アクションリーディング」を行なえば、時間がない中でも本を読みこなし、そして、実践に活かす考え方や仕組みを紹介しています。1ページ1分のA4メモ書き、フォーマット化して短時間で書く「ブログ」の書き方、ステップアップにつながる「本」のアウトプットの仕方など、アクションの起こし方も充実。30分でも着実に身につく読み方ができれば、飛躍的に成長できると実感できます。Facebook上に「アクションリーディング 行動のための読書」というグループを作り、一緒に「攻めの読書」を続けられる仕組みを作っています。ぜひご参加ください。◎電子版特別付録『電子書籍と紙の本とどちらがいいか』を収録。基本は紙派、の著者が今感じている紙の本、電子書籍それぞれのメリットデメリットを率直にあげています。自身の読書スタイルに電子書籍をどう取り入れていくかを改めて考える一助に。●目次序章 「読みたくても本が読めない」5つの理由第1章 なぜ、できる人は忙しくても本を読むのか第2章 できる人は忙しくても、なぜ本が読めるのか第3章 短い時間で、読んだ内容を身につける「集中読書術」第4章 できる人は、読んだ本をどう活かすか第5章 ムダな本で時間を費やさないために【付録・私がお勧めする20冊】【電子版特別付録・電子書籍と紙の本とどちらがいいか】

0秒思考の赤羽さんの読書本。

 

アイデアのちから[Kindle版]

アイデアのちから[Kindle版]

  • 作者:チップ ハース,ダン ハース
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日: 2013-09-06

アマゾン内容紹介

『この本は、私が2007年に読んだ原書の中で、最もお気に入りの一冊であった「Made to Stick」の邦訳版である。私はこの本が大好きであり、一人でも多くの人に読んでもらいたいと思っているので、そのため、頼まれてもいないのに、日経BP社が版権を取ったと人づてに聞いて、押し掛けて解説を書かせていただくことにした。』(勝間和代さんの本書解説より)全米でも150万部を超える「支持」を得た本書は、実はこれも全米ベストセラーのマルコム・グラッドウェル著『ティッピング・ポイント』(邦訳は『急に売れ始めるにはワケがある』ソフトバンク文庫)に触発されて書かれた。『ティッピング・ポイント』では、流行や社会現象を起こすものには、(1)少数の目利きに浸透する、(2)記憶に粘る、(3)背景が味方する、の3つの法則があることを明らかにした。本書は(2)の「記憶に粘る」という点をより深く、より多角的に取り上げ、一度聞いたら決して忘れないメッセージ、人を行動に駆り立てるような言葉について、以下の6つの法則を明らかにした。(1)単純明快である(Simple)(2)意外性がある(Unexpected)(3)具体的である(Concrete)(4)信頼性がある(Credible)(5)感情に訴える(Emotional)(6)物語性(Story)頭文字をつなげてSUCCESs(サクセス)の法則と著者たちは呼ぶ。ジョン・F・ケネディ米大統領の「人類を月へ」という演説はアメリカ国民を熱狂させ、ソニー創業者の井深大の「ポケットに入るラジオ」というコンセプトは、ソニーを世界企業に飛躍させた。すごいアイデアは人を動かし、歴史を動かす。そうした具体例が豊富に盛り込まれたアイデア創造のヒントになる内容となっている。

アイデア本の超定番。

 

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法[Kindle版]

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法[Kindle版]

  • 作者:クリス・ギレボー,本田直之
  • 出版社:飛鳥新社
  • 発売日: 2014-01-17

アマゾン内容紹介

身近なアイデアで始め、年間500万以上稼ぐマイクロ起業を数々収録。10万部突破のベストセラー待望の電子書籍化!

政府から副業解禁が発せられましたから、2018年は副業ネタが増えそうですね

 

LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方[Kindle版]

LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方[Kindle版]

  • 作者:麻生羽呂,篠原かをり
  • 出版社:文響社
  • 発売日: 2016-11-24

アマゾン内容紹介

本書は、「生存戦略」がテーマのビジネス書。一味違うのは、動物たちの知られざる生態から、より人間らしい生き方を学ぼうということです。週刊少年サンデーで連載の奇才漫画家・麻生羽呂氏、そして、生物学の天才・篠原かをり氏解説による、異色の「漫画」×「生物学」×「ビジネス書」です。「イルカがジャンプをする3つの理由」「ナマケモノが実践しているお釈迦さまのような生き方」など、楽しくも深い世界をお届けします!

去年至る所でプッシュされているのを目にしましたね。カピバラの「生存戦略」が好きです