KLZD

"The book kindled my interest."

MENU

『50%OFF以上』エッセー・随筆フェアより「ブログ飯」や「空想教室」など超私的オススメ13タイトル

【はじめに】

こんにちは、Kindlizedです。

本日は、

現在開催中のKindleセールから『50%OFF以上』エッセー・随筆フェアをご紹介します。

 

『50%OFF以上』エッセー・随筆フェア:〜2018年2月1日(木)まで

 

選評

『天才たちの日課』はよく最近目にする。

購入したときはセールなどの対象になっていなかったから、随分思い切りが必要な買い物でした。

ただ当時、「習慣の力」の偉大さに感じ入っていたから、それで購入にいたった。

爪の垢を煎じて飲む勢いで「天才」と称される方々の習慣を真似しようじゃないかと。ところが書かれていることといったら「天才たち」の「性的なものを多く含む」異常な習慣ばかりで驚いた。

「(持ち込みが禁止されていたから)カタツムリを乳房の下に隠してフランスに渡った」ハイスミス。

ホテルの部屋の窓の前に裸で立つと「みるみるうちに倦怠感がなくなって」朝まで書き続けることができたというヴァージニアウルフ。

ベートベンが、朝のコーヒー1杯につき豆60粒と決まっており一粒一粒数えて淹れたというのは、気むずかしげな彼のイメージにあっていて意外じゃないけど、

とにかくそういったものが多く入っているこの本。覗き見趣味にも通じる恥ずかしさもあります。

 

『ブログ飯』は、ブログ始めるにあたって、必要な知識を「先人」に学ぼうと思い購入した。

タメになったのは、具体的な数字。「1年経って収益が5万円いかないならそのブログはクソ、才能ない」といったことがもっと穏やかに書いてあって、指標にすべき基準を得た気分。

 

植松さんの『空想教室』は、スピーチを本にしたもので、植松さんの人柄がよく出ていて優しい。

他の著作を読んでもそうだけど、読んでると目頭が熱くなってしまう。今もKindleのハイライトを読みながら、パン屋の前で香味を思いっきり嗅ぐようなポカポカした不安の晴れた気分に浸ってしまう。

なかでも、工場見学にきた小学生にロケット作りを体験させる時、最初「作り方を教えないからがんばってね」といい、「わかんなかったら周りの人をみてごらん、テストではカンニング禁止だけど社会に出たら「見て盗め」って言われるから今の内に練習しときな。それでもわかんなかったら、みんなでしゃべりな」と相談と協力を促し、

最終的にみんなロケット完成させるといくだりが好きです。

 

打ってかわって出口さんの本は「お金の本」。

「知る」編、「使う」編、「貯める」編、「殖やす」編、「稼ぐ」編と分かれていてどのライフステージにいても、耳寄りだと思います。

オススメの保険とか投資信託の選び方とか、プロの言うことだからいちいち説得力を持っている。

 

『就職しない生き方』は、なかなか錚々たる方々のインタビューですが、

誰もかれも判で押したように同じようなことを言っていて面白くない。

ただ繰り返し繰り返し似た話を聞かされるから、意図的に洗脳されるにはいいんじゃないでしょうか。

10人もいて、一人一人のインタビューがかなり短いのもよくないです。

短いからこそ突っ込んだ質問も出来ていないのだと思う。

 

同じ人に数年経ってから同じ質問するのもいいんじゃないかと思うし、もっと別の形式にするのもいいので、第2弾が出るのを期待しています。

セール対象タイトル

天才たちの日課:メイソン・カリー フィルムアート社

ブログ飯 個性を収入に変える生き方:染谷 昌利 インプレス

女子の人間関係:水島広子 サンクチュアリ出版

働く君に伝えたい「お金」の教養 人生を変える5つの特別講義: 出口治明 ポプラ社

孤独論 逃げよ、生きよ:田中慎弥 徳間書店 

魂の退社―会社を辞めるということ。: 稲垣 えみ子 東洋経済新報社

好奇心を“天職”に変える空想教室:植松努 サンクチュアリ出版 

minimalism: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス フィルムアート社

世界をひとりで歩いてみた: 眞鍋かをり 祥伝社

まじめに生きるって損ですか?:雨宮まみ ポット出版 

ネットで「好き」を仕事にする10人の方法:堀江 貴文,西村 博之ほか インプレス 

高学歴男はなぜモテないのか:犬山 紙子 扶桑社

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ: フィフィ 祥伝社

【あとがき】

最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログの内容が「よかった!」という方は是非読者登録をお願いいたします。

また、当ブログへ改善点やご意見等あります方は、コメント欄からご指摘いただければと思います。