kindlized

"The book kindled my interest."

MENU

2018年1月このブログでの人気本ベスト7のご紹介。他のブログでは絶対有り得ないタイトルが上位を独占してた話。

【はじめに】

こんにちは、Kindlizedです。

本日は当ブログにおける2018年1月の人気本をご紹介します。

ブログ運営者としては、まったく予想だにしない結果、意外な順位となりました。

当ブログは、紹介するタイトルの出自が、

1:アマゾンのセール関連、

2:書評レビュー由来、

3:海外サイトの紹介記事経由となっていて、

 

それぞれの割合が、現状1が8割、2、3がそれぞれ1割ほどです。

 

ですから、当然セール対象のタイトルが上位に来るものと思いなしていたのですが、その予想は見事に覆されました。

 

 

では一体どのタイトルが上位となったのか、さっそくご紹介します。

当サイト2018年1月売り上げランキングトップ7

第7位:問題解決大全:読書猿

先月に続き、読書猿さんのタイトルがランクインしました。氏をひそかに、『百科全書』を編纂したあのディドロになぞらえたいと思っています。

 

第6位:いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み:杉井靖典

ビットコイン元年を象徴するようなブロックチェーン入門書。

わかりやすさに定評のある「一番やさしい教本」シリーズですから、

これ以上ないくらいの手引きとなっております。

 

第5位:The Sympathizer:Viet Thanh Nguyen

さて意外な結果はここからです。

1位まで一気にどうぞ。

第4位:Energy and Civilization: A History:Vaclav Smil

第3位:A Memoir of Love, Death, and Jazz Chickens:Eddie Izzard

第2位:Evicted: Poverty and Profit in the American City:Matthew Desmond

第1位:We Could Do: An Illustrated Memoir:Thi Bui Abrams

なんとベスト1〜5をすべて洋書が占めるということに。

 

そのわけはある世界的な経営者の紹介にありました。すなわちこの5冊すべてその方の紹介なんです。

 

その方とはビルゲイツさんその人です。

 

それに関するエントリーは下記の「ビルゲイツさんの選んだ2017おすすめ5タイトル」の一つだけ。

にも関わらずトップ5独占。

さすがのネームバリューと言わざるをえません。

 

www.kindlized.com

 しかも翻訳が出る前のタイトルばかりですから、このブログの閲覧者の方々の先取の気質とアンテナの高さに驚きました。

 

それと個人的にレビューを和訳するのが楽しかったのも付け加えておきます。

 

こうしたタイトルが注目を浴びるのであれば、当ブログは、他のサイトで触れられていない、しかし読む価値のあるタイトルをもっともっとご紹介していかなければと思いました。セールを扱うばかりでなく。

 

 

というわけで、2018年最初の人気タイトルランキングでした。

今後ともKindlized.comをよろしくお願い申しあげます。