KLZD

"The book kindled my interest."

MENU

『イノベーションのジレンマ』も半額。全点50%OFFの翔泳社フェア!!よりおすすめビジネス書25タイトル

 

【はじめに】

こんにちは、Kindlizedです。

本エントリーは、開催中の【50%OFF】全点対象 翔泳社フェアから、ビジネス書を取り上げます。

f:id:rsko:20180220000029j:plain

翔泳社さんといえば、先日ITエンジニア本大賞2018が発表されてました。

www.shoeisha.co.jp

そちらも後日記事にしたいと思います。

本日は、ビジネス書に絞ってお勧めをまとめました。

フェア対象数195点。

翔泳社さんというと、テクノロジー系のイメージが濃いですが、このビジネス書も翔泳社さんのところのだったんだと驚くこと多数でした。

 

注目タイトルは、有名な『イノベーションのジレンマ:Clayton M. Christensen』

 

BUSINESS INSIDERの記事「ビジネスに関する最も影響を与えた25の著作」にも選出されています。

www.businessinsider.com

 

記事内で影響力の証左として、

Note: Steve Jobs used this book as an explanation for one reason Apple needed to embrace cloud computing and is frequently associated with both Jobs and Jeff Bezos.

とあります。「Steve Jobsは、Appleクラウドコンピューティングを採用する必要があった理由の1つとして、この本を自身とJeff Bezosに頻繁に関連付けて説明した。」とあります。

今回のフェアでは、続作である『イノベーションへの解』も対象となっています。

 

 

それでは、当ブログの選んだフェア対象お勧めタイトルをご覧ください。

 

 

 

フェア対象タイトル

マーケティング 

セールスライティング・ハンドブック  「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで:ロバート・W・ブライ  

www.kindlized.com

ノヤン先生のマーケティング学:ノヤン先生,庭山一郎

コトラー 新・マーケティング原論:Philip Kotler,Dipak C. Jain,Suvit Maesincee

バリュー・プロポジション・デザイン 顧客が欲しがる製品やサービスを創る:アレックス・オスターワルダー,イヴ・ピニュール,グレッグ・バーナーダ,アラン・スミス

数字思考力×EXCELマーケティングの成果を上げる本:植山周志

キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論:ジェフリー・ムーア

ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール:Nir Eyal,Ryan Hoover

グレイトフルデッドのビジネスレッスン#:Berry Barnes 

アマゾンにも負けない、本当に強い会社が続けていること。:権 成俊 

ビジネスモデル・イノベーション

イノベーションのジレンマ:Clayton M. Christensen

イノベーションへの解:Clayton M. Christensen,Michael E. Raynor

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ:Clayton M. Christensen,James Allworth,Karen Dillon

ビジネスモデルYOU:Tim Clark

ライフサイクル イノベーション:Geoffrey A. Moore

ビジネスモデル・ナビゲーター:オリヴァー・ガスマン,カロリン・フランケンバーガー,ミハエラ・チック

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書:アレックス・オスターワルダー,イヴ・ピニュール

図解ビジネスモデル・ジェネレーション ワークショップ:今津 美樹

マネジメント・リーダーシップ

静かなリーダーシップ:Jr. Joseph L. Badaracco

あなたのチームは、機能してますか?:パトリック・レンシオーニ

ハーバード流マネジメント講座 90日で成果を出すリーダー:Michael Watkins

ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント:リチャード・シェリダン

スタートアップ・働き方

アントレプレナーの教科書:スティーブン・G・ブランク

シンプル・ライフ 世界のエグゼクティブに学ぶストレスフリーな働き方:ソレン・ゴードハマー

お金・投資

チャートがしっかり読めるようになるFX入門:佐藤正和

外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話:ジョン太郎

【あとがき】

いかがでしたでしょうか。目にしたり耳にしたことのある有名タイトルが多かったのではないでしょうか。

個人的に、翔泳社さんは、著者名をカタカナ表記にしない姿勢(なっているものもありますが)や、表紙のデザインが好きです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログの内容が「よかった!」という方は是非読者登録をお願いいたします。

また、当ブログへ改善点やご意見等あります方は、コメント欄からご指摘いただければと思います。