キンドライズド

"The book kindled my interest."

MENU

平成はどんな時代だったかを思い起こす時に。朝日新聞『平成の30冊』を発表。村上春樹『1Q84』、ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』など

f:id:rsko:20190402212723p:plain

 

【はじめに】

こんにちは、キンドライズドです。

本エントリーは、朝日新聞発表の『平成の30冊』を取り上げます。

book.asahi.com

平成時代に刊行された本の中からベスト30を選出しようと、朝日新聞では、識者の方々にアンケートを実施しました。120人から回答を得て、1位は村上春樹さんの『1Q84』に決まりました。1~3位作品への識者のコメントとともに、30冊のランキングを発表します。

もう少しで終わりを迎える「平成」という時代がどんな時代だったのか。少なくとも「平成」に生み落とされた書物がどんなものだったのかを振り返るには、大変に興味深い特集になっています。

コラムニストの堀井憲一郎さんは「平成時代は『村上春樹の時代』でもあった。この書籍に対する期待度と売れ具合は尋常ではなかった。日常生活でふつうの人が小説を話題にできた最後の作品だったかもしれない」と評価した。

あのときの熱狂はまだ記憶に新しい。その後のノーベル文学賞にまつわる狂乱が冷や水となって、この『村上春樹の時代』は終わった感じがします。

みなさんはこの30冊に対してどんな感想をお持ちになるでしょうか?

本の内容はもちろんこと、先ほどの『1Q84』のように、その本をめぐるドキュメントにも「平成」の空気感がパックされているのではと思います。

それにしても、Kindle化されたてない書物の多い事。

 

朝日新聞撰『平成の30冊』

ベスト10

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社 (2012-03-28)
売り上げランキング: 7,021
ひょっとしたら、と彼女は思う、世界は本当に終わりかけているのかもしれない。 夜空に不思議な月が浮かび、「リトル・ピープル」が棲む1Q84年の世界……深い謎をはらみながら、主人公・青豆と天吾の壮大な物語(ストーリー)が始まる。 1Q84年――私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。……ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれ、主人公青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
早川書房 (2012-08-01)
売り上げランキング: 657
優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度……。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく。解説:柴田元幸
告白 (中公文庫)
告白 (中公文庫)
posted with amazlet at 19.03.09
中央公論新社 (2017-11-07)
売り上げランキング: 627
受賞歴 第41回(2005年) 谷崎潤一郎賞受賞
人はなぜ人を殺すのか――。河内音頭のスタンダードナンバーにうたいつがれる、実際に起きた大量殺人事件「河内十人斬り」をモチーフに、永遠のテーマに迫る著者渾身の長編小説。第四十一回谷崎潤一郎賞受賞作。
火車 (新潮文庫)
火車 (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.03.09
宮部 みゆき
新潮社
売り上げランキング: 329
第6回(1993年) 山本周五郎賞受賞
休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。
OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)
桐野 夏生
講談社
売り上げランキング: 973
ごく普通の主婦であった彼女たちがなぜ仲間の夫の死体をバラバラにしたのか!? 深夜の弁当工場で働く主婦たちは。それぞれの胸の内に得体の知れない不安と失望を抱えていた。「こんな暮らしから抜け出したい」そう心中で叫ぶ彼女たちの生活を外へ導いたのは、思いもよらぬ事件だった。なぜ彼女たちは、パート仲間が殺した夫の死体をバラバラにして捨てたのか?犯罪小説の到達点!
ゲンロン0 観光客の哲学
ゲンロン0 観光客の哲学
posted with amazlet at 19.03.09
株式会社ゲンロン (2017-12-11)
売り上げランキング: 1,339
第71回毎日出版文化賞(人文・社会部門)受賞!否定神学マルチチュードから郵便的マルチチュードへ――。ナショナリズムが猛威を振るい、グローバリズムが世界を覆う時代、新しい政治思想の足がかりはどこにあるのか。ルソー、ローティ、ネグリドストエフスキー、ネットワーク理論を自在に横断し、ヘーゲルパラダイムを乗り越える。著者20年の集大成、東思想の新展開を告げる渾身の書き下ろし新著。2018/1/24誤字を訂正した修正版の配信を開始いたしました。すでにご購入いただいたお客さまは、「コンテンツと端末の管理」ページより「アップデート」をお選びいただくと、修正版をダウンロードいただけます。※「コンテンツの自動更新」を設定いただいている方には、自動で修正版が配信されています。
銃・病原菌・鉄 上巻
銃・病原菌・鉄 上巻
posted with amazlet at 19.03.09
草思社 (2013-07-12)
売り上げランキング: 1,116
五つの大陸でなぜ人は異なる発展をとげたのか。世界の富と力ははぜ現在のように偏在するようになったのか。人類の歴史を動かしてきたものを、歴史学や考古学のみならず、分子生物学、進化生物学から地理学、文化人類学言語学、宗教学等多様な学問領域の最新の知見を縦横に駆使することで明らかにする。まったく新しい人類史像が立ち上がってくる知的興奮の書。ピュリッツァー賞、コスモス国際賞受賞のほか、朝日新聞による「ゼロ年代の50冊」の第1位に選ばれている。
博士の愛した数式 (新潮文庫)
新潮社 (2012-07-01)
売り上げランキング: 2,183
受賞歴第55回(2003年) 讀賣文学賞小説賞受賞第1回(2004年) 本屋大賞受賞
〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性
今回は、太平洋戦争に敗れた日本人が、戦後いかに振舞い思想したかを、占領期から70年代の「ベ平連」までたどったものです。 戦争体験・戦死者の記憶の生ま生ましい時代から、日本人が「民主主義」「平和」「民族」「国家」などの概念をめぐってどのように思想し行動してきたか、そのねじれと変動の過程があざやかに描かれます。  登場するのは、丸山真男大塚久雄から吉本隆明竹内好三島由紀夫大江健三郎江藤淳、さらに鶴見俊輔小田実まで膨大な数にのぼります。現在、憲法改正自衛隊の海外派兵、歴史教科書などの議論がさかんですが、まず本書を読んでからにしていただきたいものです。読後、ダワー『敗北を抱きしめて』をしのぐ感銘を覚えられこと間違いありません。
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 3,281
「人が死ぬのって、素敵よね」彼女は僕のすぐ耳もとでしゃべっていたので、その言葉はあたたかい湿った息と一緒に僕の体内にそっともぐりこんできた。「どうして?」と僕は訊いた。娘はまるで封をするように僕の唇の上に指を一本置いた。「質問はしないで」と彼女は言った。「それから目も開けないでね。わかった?」僕は彼女の声と同じくらい小さくうなずいた。(本文より)

11位〜20位

磁力と重力の発見〈1〉古代・中世
山本 義隆
みすず書房
売り上げランキング: 6,252
「遠隔力」の概念が、近代物理学の扉を開いた。古代ギリシャからニュートンとクーロンにいたる科学史空白の一千年余を解き明かす。西洋近代科学技術誕生の謎に真っ向からとりくんだ渾身の書き下ろし。
コンビニ人間 (文春文庫)
文藝春秋 (2018-09-04)
売り上げランキング: 200
「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。「いらっしゃいませー!!」お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。累計92万部突破&20カ国語に翻訳決定。世界各国でベストセラーの話題の書。解説・中村文則
昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫
笠原 和夫 スガ 秀実 荒井 晴彦
太田出版
売り上げランキング: 52,444
ヤクザ映画ファン必読! 「仁義なき戦い」などを手掛けた脚本家・笠原和夫の世界を解き明かす! 綿密なインタビューによって明かされたエピソードが満載。笠原作品から日本映画、東映映画の歴史を追う。
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
福岡 伸一
講談社
売り上げランキング: 630
生命とは、実は流れゆく分子の淀みにすぎない!? 「生命とは何か」という生命科学最大の問いに、いま分子生物学はどう答えるのか。歴史の闇に沈んだ天才科学者たちの思考を紹介しながら、現在形の生命観を探る。ページをめくる手が止まらない極上の科学ミステリー。分子生物学がたどりついた地平を平易に明かし、目に映る景色がガラリと変える!
新しい中世 相互依存の世界システム (講談社学術文庫)
冷戦構造の終焉、アメリカ覇権の衰退、経済相互依存の進展--。激変する情勢のただなかにある現代、我々はどこへ向かうのか。国境が薄れた「新中世圏」、なお国民国家たらんとする「近代圏」、秩序が崩壊した「混沌圏」に国々を分類、移行期にある世界を独自の視点で鋭く分析する、刺激的な論考。ヨーロッパ中世になぞらえた「新しい中世」の概念を駆って、ポスト近代の世界システムの構想に理論と実証で迫る。
【合本版】水滸伝(全19冊+1) (集英社文庫)
集英社 (2018-03-30)
売り上げランキング: 55,145
十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱れ、民は困窮していた。その腐敗した政府を倒そうと、立ち上がった者たちがいた――。世直しへの強い志を胸に、漢たちは圧倒的な官軍に挑んでいく。地位を捨て、愛する者を失い、そして自らの命を懸けて闘う。彼らの熱き生きざまを刻む壮大な物語が、いま幕を開ける。第9回司馬遼太郎賞を受賞した世紀の傑作。待望の電子合本版! 全19冊に『替天行道 北方水滸伝読本』を追加。
トランスクリティーク――カントとマルクス (岩波現代文庫)
カントによってマルクスを読み、マルクスによってカントを読む。社会主義の倫理的根源を明らかにし、来るべき社会への実践を構想する本書は、絶えざる「移動」による視差の獲得とそこからなされる批評作業(トランスクリティーク)の見事な実践であり、各界に大きな衝撃を与えた。英語版に基づき改訂。
献灯使 (講談社文庫)
献灯使 (講談社文庫)
posted with amazlet at 19.03.09
講談社 (2017-09-08)
売り上げランキング: 3,496
大災厄に見舞われ、外来語も自動車もインターネットもなくなり鎖国状態の日本。老人は百歳を過ぎても健康だが子どもは学校に通う体力もない。義郎は身体が弱い曾孫の無名が心配でならない。無名は「献灯使」として日本から旅立つ運命に。大きな反響を呼んだ表題作のほか、震災後文学の頂点とも言える全5編を収録。
中央銀行―セントラルバンカーの経験した39年
日本銀行入行後から総裁就任前まで、セントラルバンカーとしてのバックボーンを形成した時期を扱う第1部。総裁就任後、経済・金融面で生じた重要事件に対する決定と背後にあった判断、真の論点、自身の思いを分析する第2部。中央銀行のあり方を中心に、望ましい通貨管理制度をグローバルな視点で考察する第3部。

21位〜30位

マークスの山(上) (新潮文庫)
高村 薫
新潮社 (2011-07-28)
売り上げランキング: 36,689
“合田雄一郎サーガ"決定版刊行開始。マークス。運命の名を得た男が開いた扉の先に、悲劇への道程が続いていた。 「マークスさ。先生たちの大事なマ、ア、ク、ス! 」。あの日、彼の心に一粒の種が播かれた。それは運命の名を得、枝を茂らせてゆく。南アルプスで発見された白骨死体。三年後に東京で発生した、アウトローと検事の連続殺人。《殺せ、殺せ》。都会の片隅で恋人と暮らす青年の裡には、もうひとりの男が潜んでいた。警視庁捜査一課・合田雄一郎警部補の眼前に立ちふさがる、黒一色の山。
キメラ 満洲国の肖像 [増補版] (中公新書)
中央公論新社 (2013-11-08)
売り上げランキング: 21,291
一九三二年三月、中国東北地方に忽然と出現し、わずか一三年五ヵ月後に姿を消した国家、満洲国。今日なおその影を色濃く残す満洲国とは何だったのか。在満蒙各民族の楽土を目指すユートピアか、国民なき兵営国家なのか。本書は、満洲国の肖像をギリシア神話の怪獣キメラに譬えることによって、建国の背景、国家理念、統治機構の特色を明らかにし、近代日本の国家観、民族観、そしてアジア観を問い直す試みである。吉野作造賞受賞。
もの食う人びと (角川文庫)
辺見 庸
角川書店
売り上げランキング: 6,279
受賞歴 第16回(1994年) 講談社ノンフィクション賞受賞
人は今、何をどう食べ、どれほど食えないのか。人々の苛烈な「食」への交わりを訴えた連載時から大反響を呼んだ劇的なルポルタージュ。文庫化に際し、新たに書き下ろし独白とカラー写真を収録。
西行花伝 (新潮文庫)
西行花伝 (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.03.09
辻 邦生
新潮社
売り上げランキング: 3,781
第31回(1995年) 谷崎潤一郎賞受賞
花も鳥も風も月も――森羅万象が、お慕いしてやまぬ女院のお姿。なればこそ北面の勤めも捨て、浮島の俗世を出離した。笑む花を、歌う鳥を、物ぐるおしさもろともに、ひしと心に抱かんがために……。高貴なる世界に吹きかよう乱気流のさなか、権能・武力の現実とせめぎ合う“美"に身を置き通した行動の歌人。流麗雄偉なその生涯を、多彩な音色で唱いあげる交響絵巻。谷崎潤一郎賞受賞。
蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 6,382
汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう――中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を信じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。万人の魂をうつベストセラー大作!
日本の経済格差―所得と資産から考える (岩波新書)
橘木 俊詔
岩波書店
売り上げランキング: 22,096
バブル期に土地・株式が急騰したこと,低成長に入って所得が上昇しないこと,などから「1億総中流」に象徴される社会の平等・安定意識は揺らいでいる.時代の推移のなかで,そして国際比較の上で,格差の拡大を統計データによって詳細に検証し,その経済的メカニズムを明らかにしながら,税制や,教育・企業システムなどの課題を示す.
チェルノブイリの祈り-未来の物語 (岩波現代文庫)
1986年の巨大原発事故に遭遇した人々の悲しみと衝撃とは何か.本書は普通の人々が黙してきたことを,被災地での丹念な取材で描く珠玉のドキュメント.汚染地に留まり続ける老婆.酒の力を借りて事故処理作業に従事する男,戦火の故郷を離れて汚染地で暮らす若者.四半世紀後の福島原発事故の渦中に,チェルノブイリの真実が蘇える.(解説=広河隆一
逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー 552)
平凡社 (2012-01-01)
売り上げランキング: 5,076
「私にとって重要なのは在りし日のこの国の文明が、人間の生存をできうる限り気持のよいものにしようとする合意とそれにもとづく工夫によって成り立っていたという事実だ」近代に物された、異邦人によるあまたの文献を渉猟し、それからの日本が失ってきたものの意味を根底から問うた大冊。1999年度和辻哲郎文化賞受賞。
昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)
平凡社 (2012-01-01)
売り上げランキング: 7,171
授業形式の語り下ろしで「わかりやすい通史」として絶賛を博し、毎日出版文化賞特別賞を受賞したシリーズ、待望のライブラリー版。過ちを繰り返さない日本へ、今こそ読み直す一べき1冊。巻末に講演録『ノモンハン事件から学ぶもの』(28ページ)を増補。
反貧困-「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
岩波書店 (2016-10-20)
売り上げランキング: 30,460
うっかり足をすべらせたら,すぐさまどん底の生活にまで転げ落ちてしまう.今の日本は,「すべり台社会」になっているのではないか.そんな社会にはノーを言おう.合言葉は「反貧困」だ.その現場で活動する著者が,貧困を自己責任とする風潮を批判し,誰もが人間らしく生ることのできる社会へ向けて,希望と課題を語る.
東京プリズン (河出文庫)
河出書房新社 (2016-03-25)
売り上げランキング: 7,877
十六歳のマリが挑む現代の「東京裁判」とは?少女の目から今もなおこの国に続く「戦後」の正体に迫り、毎日出版文化賞司馬遼太郎賞受賞。読書界の話題を独占し“文学史的事件”とまで呼ばれた名作!

【あとがき】

最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログの内容が「よかった!」という方は是非読者登録をお願いいたします。

また、当ブログへ改善点やご意見等あります方は、コメント欄からご指摘いただければと思います。