キンドライズド

"The book kindled my interest."

MENU

【終了】小デジ!2018年下半期ベスト売上フェア (4/4まで)より 鈴木智彦『サカナとヤクザ』や夏川草介『神様のカルテ』、欅坂46平手友梨奈主演『響』のノベライズなどおすすめタイトル

f:id:rsko:20190328205135p:plain

 

【はじめに】

こんにちは、キンドライズドです。

本エントリーは、開催中の小デジ!2018年下半期ベスト売上フェア (4/4まで)を取り上げます。

注目はなんといっても『サカナとヤクザ』でしょう。喫茶店で単行本広げている人を何人見たことか。

インパクトのある表紙にタイトル、読み物として、潜入ルポタージュとしてめっちゃ面白い傑作。普段は明かされない、というか日本のマスコミが弱いところ。闇。

ほかにも森見登美彦さんの『夜行』もいい。怪談と青春の交差点をぜひ歩いていただきたい。

フェア対象タイトル

ノンフィクション

サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~
小学館 (2018-11-02)
売り上げランキング: 393

KindlePrice:¥1,088 Save¥640(37%)
AmazonPoints:10pt(0%)

築地市場から密漁団まで、決死の潜入ルポ! アワビもウナギもカニも、日本人の口にしている大多数が実は密漁品であり、その密漁ビジネスは、暴力団の巨大な資金源となっている。その実態を突き止めるため、築地市場への潜入労働をはじめ、北海道から九州、台湾、香港まで、著者は突撃取材を敢行する。豊洲市場がスタートするいま、日本の食品業界最大のタブーに迫る衝撃のルポである。〈密漁を求めて全国を、時に海外を回り、結果、2013年から丸5年取材することになってしまった。公然の秘密とされながら、これまでその詳細が報道されたことはほとんどなく、取材はまるでアドベンチャー・ツアーだった。 ライター仕事の醍醐味は人外魔境に突っ込み、目の前に広がる光景を切り取ってくることにある。そんな場所が生活のごく身近に、ほぼ手つかずの状態で残っていたのだ。加えて我々は毎日、そこから送られてくる海の幸を食べて暮らしている。暴力団はマスコミがいうほど闇ではないが、暴力団と我々の懸隔を架橋するものが海産物だとは思わなかった。 ようこそ、21世紀の日本に残る最後の秘境へ――。〉(「はじめに」より)

フィクション

夜行
夜行
posted with amazlet at 19.03.28
小学館 (2016-10-25)
売り上げランキング: 31,490

KindlePrice:¥952 Save¥560(37%)
AmazonPoints:8pt(0%)

僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。 旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」
下町ロケット (小学館文庫)
小学館 (2015-08-14)
売り上げランキング: 4,073

KindlePrice:¥544 Save¥234(30%)
AmazonPoints:6pt(1%)

直木賞受賞作、待望の文庫版を電子化!「お前には夢があるのか? オレにはある」研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!第145回直木賞受賞作。池井戸潤、絶対の代表作。
神様のカルテ (小学館文庫)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 3,352

KindlePrice:¥400 Save¥196(33%)
AmazonPoints:3pt(0%)

2011年8月27日、全国東宝系にて映画公開!第十回 小学館 文庫小説賞受賞、2010年本屋大賞 第2位。神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く、29歳の内科医。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。そんな一止に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった…。日本中の書店員が感涙し、発売1年足らずで映画化が決まった大ヒット小説。映画では櫻井翔さんと宮崎あおいさんが、初の夫婦役で競演!
小説 響 HIBIKI (小学館文庫)
小学館 (2018-08-07)
売り上げランキング: 54,085
KindlePrice:¥385 Save¥166(30%)
AmazonPoints:2pt(0%)
2017年マンガ大賞受賞作映画ノベライズ。大人気作、2017年マンガ大賞受賞の大人気コミック「響~小説家になる方法~」(小学館ビックコミックスペリオール連載中)が待望の実写映画化。主人公の15歳天才女子高生小説家・鮎喰響(ルビ=あくいひびき)を演じるのは、欅坂46の不動のセンターとして活躍中で、今作が映画初出演にして初主演となる平手友梨奈。響の才能を見出す若手女性編集者に北川景子芥川賞を目指す青年作家に小栗旬という話題のキャスト。その映画脚本を小説版オリジナルにノベライズ。圧倒的かつ絶対的な才能を持って文学界に突如現れた一人の天才少女、鮎喰響(ルビ=あくいひびき)。彼女は世間の常識と慣習に囚われず、自分の信じる生き方を絶対曲げない。響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、さまざまな人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていくのだった――。

ビジネスハック

発想力 ~「0から1」を生み出す15の方法~(小学館新書)
小学館 (2018-12-05)
売り上げランキング: 22,492

KindlePrice:¥635 Save¥272(30%)
AmazonPoints:6pt(0%)

大前研一の思考ノウハウが詰まった1冊。何歳であっても学びたい「発想」のための秘伝メソッドを大公開!いずれ訪れるシンギュラリティ(技術的特異点)の時代、多くの仕事はAI(人工知能)に取って代わられる。そこで生き残るには“AIにできないこと”=「無から有」を生む力を鍛えるしかない――。本書では、40年余りの経営コンサルタント人生の中で大前氏が独自に編み出した「0から1」を生み出す15の発想法を紹介。たとえば、本書の後半では、実践編として「新たな市場」を作り出す4つの発想法を解説している。■感情移入■どんぶりとセグメンテーション■時間軸をずらす■横展開これらの発想法は、単にビジネスの現場だけでなく、新しいアイデアを生み出す際の思考ノウハウとして普遍性を持っている。〈「人生100年時代」と言われ、今や何歳になっても新しいチャレンジやリブート(再起動)、リスタート(再出発)が必要になっている。……すべての年代で、AIやロボットにはできない「0から1(無から有)」を生む発想力と問題を解決する「セオリー・オブ・シンキング」が求められるのだ。〉(新書版まえがき)大前流イノベーションの教科書、待望の新書化(2018年12月発表作品)。※本書は過去に単行本版として配信された『「0から1」の発想術』の新書版です。「新書版まえがき」などを新たに加筆・修正しています。
野村ノート
野村ノート
posted with amazlet at 19.03.28
小学館 (2014-12-19)
売り上げランキング: 15,483

KindlePrice:¥415 Save¥181(30%)
AmazonPoints:3pt(0%)

楽天を変えた「勝利の兵法書」待望の文庫版を電子化。創立5年目にして、楽天球団をクライマックスシリーズへと導き、その指導力をあらためて証明してみせた野村克也。 選手・監督として50年にわたる球界生活で得た原理原則を綴った伝説のメモ。そこにあったのは、「配球の原点」 「スコアラーからのデータ利用法」「役目を確認させる打撃指導」「弱者の戦法」といった知将ならではの野球理論、 そして「人づくりのポイント」「指揮官・リーダーの心構え」「機能する組織のあり方」など、上司としての管理術の数々だった。大ベストセラーとなった“球界のバイブル”、待望の文庫版を電子化。リーダーで人と組織はこれほど変わる――
<新版>ユダヤ5000年の教え(小学館新書)
小学館 (2016-10-06)
売り上げランキング: 26,496

KindlePrice:¥574 Save¥247(30%)
AmazonPoints:4pt(0%)

“成功者”の知恵を盗め!250万語、70巻1万2000ページに及ぶユダヤ教聖典『タルムード』。『旧約聖書』の解釈についてラビ(僧侶)たちがブレーンストーミングをした記録をまとめたものですが、ここにユダヤ教5000年のあらゆる知恵が凝縮されています。その『タルムード』を中心に、ユダヤ教の他の教典や古い言い伝えから金言を厳選。「ビジネスで成功するには」「蓄財するには」「知恵を磨くには」「人付き合いで失敗しないためには」など、あらゆるシーンで役に立つ一冊になっています。度重なる迫害を耐え抜いたユダヤの格言は、低成長時代まっただ中にあるわれわれ日本人にとって、大いに参考になるでしょう。

ライフハック

属さない勇気~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」生き方改革~
小学館 (2018-03-14)
売り上げランキング: 18,977

KindlePrice:¥612 Save¥360(37%)
AmazonPoints:6pt(0%)

「働き方革命」で上場企業が時代遅れに!?ホリエモン流の近未来的な働き方、生き方の意義を、忙しい現代人のためにマンガで超速解説!今回の主人公は、テレビ局で働く女性AD。憧れの仕事に就くも、同僚への嫉妬や上司のパワハラ、ブラックな職場環境など悩みは尽きない。そんな中、ゾンビのような社畜サラリーマンにも、自分らしい生き方を取り戻してほしいと語る、謎のビジネスマンに出会う。家や自動車だけでなく、家族も結婚も「ゼロ化」の対象という彼は、「働き方改革」など必要ないと言い放つ。さらに、シェアリングエコノミーの進展によって、大変革が起きつつある中、彼の周囲で最先端の働き方を模索する人々の姿を目の当たりにする。自身の価値観や思考に疑問を持ち始めた女性は、勇気を持って行動し…。前作『バカは最強の法則』に続き、本作も『闇金ウシジマくん』との最強コラボを実現。人気キャラが登場し、ブラック企業や貧困の実態を描く。大ヒット「ウシジマくん×ホリエモン」シリーズは、「固定観念を覆す作品」としてメディアやSNSで大反響! 「最強の実業家」と「最恐の経営者」の一挙手一投足が、忙しい現代人の心を再び揺さぶる。
「さみしさ」の研究(小学館新書)
小学館 (2018-12-05)
売り上げランキング: 8,991

KindlePrice:¥574 Save¥247(30%)
AmazonPoints:5pt(0%)

老い、孤独、そして独立――すべてを語る。天才・たけしが「老い」と「孤独」をテーマに男の生き方について語る。世間に迎合せず生きるための「さみしさ」との付き合い方とは。自らの独立騒動や、大杉漣氏、松方弘樹氏、漫画家・さくらももこさんなど友の死についても深く語る。「ニッポン社会も、老化が止まらない」の章では、小学館新書の前作『テレビじゃ言えない』同様のタブーなき社会事象も展開。高齢化社会の欺瞞と矛盾をえぐり出す。
悩みどころと逃げどころ(小学館新書)
小学館 (2016-06-01)
売り上げランキング: 4,390

KindlePrice:¥589 Save¥253(30%)
AmazonPoints:5pt(0%)

ちきりん、ウメハラ流「いい人生」の探し方。月間200万ページビューの社会派ブロガーちきりん氏と、世界一のプロゲーマー梅原大吾氏の異色人生対談。「梅原さんは学校が嫌いで、授業中は寝てばかりいたという。それなのに私の周りにいる、一流大学を出た誰よりも考える力が凄い。いったいどこで学んだの? 学校の役割って何なんだろう……」。そんな、ちきりん氏の疑問から始まったこの対談は、「いい人生の探し方」にまで発展しました。小さい頃からゲームという“人生で唯一無二のもの”に出あいながらも、「自分の進む道はこれでいいのか?」と悩み続けた梅原氏。一方、いわゆる“エリートコース”を自分から降りたちきりん氏は「頑張って、頑張って、それでもダメだったら、自分の居場所を探すために“逃げる”のも幸せをつかむ方法」と言う。立ち位置も考え方もまったく違う二人が、足かけ4年、100時間にもわたって語り合い、考え抜いた人生談義。学校で真面目に勉強してきたのに競争社会で行き詰まっている人、やりたいことが見つからなくて悩んでいる人必読! 今日から人生が変わります!
0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書
小学館 (2018-11-29)
売り上げランキング: 1,529

KindlePrice:¥884 Save¥520(37%)
AmazonPoints:8pt(0%)

落合陽一の本史上最も平易!でも深い。「今のような学校教育はいらない」と語るのは、現代の論客といわれるメディアアーティストの落合陽一氏。「人生100年時代」に本当に必要な教育とは?デジタルネイチャーの時代に身につけておくべきことは?…学び方のヒントがわかる“教科書”です。「学び始めるのに適正年齢はない」ので、学生、社会人、子育て中の親、生涯教育について知りたい人…あらゆる世代や立場の方に響くものがあるはず。落合氏自身の幼児期から今に至る軌跡もたどり、時代を牽引する天才がどう形成されてきたかも探ります。読み解くのに思考体力を要するといわれる落合氏の本の中でも、平易に書かれているので、落合陽一を知る入門書としてもぜひ手に取ってほしい一冊です。

【あとがき】

最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログの内容が「よかった!」という方は是非読者登録をお願いいたします。

また、当ブログへ改善点やご意見等あります方は、コメント欄からご指摘いただければと思います。