キンドライズド

"The book kindled my interest."

MENU

【終了!】技術同人書籍が60%オフ、旧「技術書典シリーズ」全52タイトル、Kindle本を大幅割引販売中

f:id:rsko:20190413144827p:plain


【はじめに】

こんにちは、キンドライズドです。

本エントリーは、技術同人書籍が60%オフ、旧「技術書典シリーズ」全52タイトルのセールをご紹介します。

「技術書典」の第6回が、2019年4月14日に、池袋サンシャインシティで開催されますので、それにあわせたセールのよう。

5回、現在までに開催されていますが、毎回好評で、こんな記事が書かれるほどに。

hbol.jp

そして、「(旧)技術書典シリーズ」は、そんな技術書典で販売されていた同人誌をベースにした商業書籍として、出版社のインプレスR&Dから刊行してきたシリーズ。

そのシリーズが、今回「さらに幅広い技術同人誌を書籍化していく方針とし、シリーズ名をリニューアル」し「技術の泉」シリーズとして刊行するためもあって今回のセールのようです。

技術書展行ったことないんですが、このラインナップをみて知らず購入していたものがちらほら。それだけ内容はクオリティ高いです。表紙があんまり好きくないですが笑まぁだからこそKindleで購入するのにうってつけかもしれません笑

今回一気に60%OFFですから気になったタイトルはぜひこの機会にどうぞ。

技術同人書籍が60%オフ、旧「技術書典シリーズ」全52タイトルのセール

旧「技術書典シリーズ」(全52タイトル対象)

技術と法律 (技術書典シリーズ(NextPublishing))
インプレスR&D (2018-01-19)
売り上げランキング: 1,764

KindlePrice:¥518 Save¥1,102(68%)

【最新テクノロジーの論点を法律の側面から解説!】本書はテクノロジーの最新テーマを法律の側面から専門家が解説した寄稿集です。IoTやパーソナルデータの収集など身近なテーマから、民事訴訟におけるソースコードの取り扱いなどについても気鋭の専門家が論じています。【目次】・民事訴訟におけるソースコードの取扱いについて/伊藤太一・パーソナルデータの収集・利用と法規制/日置巴美・強いIoT特許を取得するには/木下 忠・スマートコントラクトは裁判で使えるのか(前編)/足立昌聰・技術と法律についての雑感/隅藏康一・お金にまつわるリエンジニアリングへの期待/新井秀美・電子機器を製品化する際に必要な法的対策/岩崎 弾・ハッカソンから考える法と政策制度/原 亮・エンタメと知財分科会とは/新井秀美
ネコミミでもわかるフロントエンド開発環境構築 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
インプレスR&D (2018-10-12)
売り上げランキング: 1,603

KindlePrice:¥605 Save¥1,123(65%)

【複雑化したフロントエンド開発環境の構築がこの1冊でさらっとわかる!】本書は、ReactやVue.jsなどに代表される新しいフレームワークの到来により最適化されたWebアプリの開発ができるようになったにもかかわらず、それぞれの開発環境の構築が複雑化したことで技術選定に苦労しているエンジニアに向けた「サクッとわかる」開発環境構築ガイドです。ベストプラクティスを提示するのではなく、環境構築に慣れていないエンジニアがとりあえず自分なりの最適なツールを選ぶための入り口に立つことができる入門書です。《本書の対象読者》・モダンなJavaScriptを書きたいが、書き方がよくわからない・BabelやWebpackの設定方法がいまいちわかっていない・ESLint、Flow、Jestなどを導入したいが、方法がわからない【目次】第1章 まずは準備から1.1 package.jsonファイルの作成1.2 ディレクトリー構成について1.3 EditorConfigを導入する第2章 JavaScriptを動かす2.1 Babel2.2 webpack第3章 JavaScriptのためのパワフルなツール3.1 ESLint3.2 Prettier3.3 Flow第4章 Reactをはじめる4.1 Reactをブラウザーで表示させるための準備4.2 最初で最後のReactコンポーネント第5章 CSSを適用する5.1 webpackの設定5.2 CSSファイルの作成5.3 StyleLint5.4 PostCSS第6章 ReactとCSSの連携6.1 CSSコンポーネントに適用する6.2 CSSModules第7章 爆速でテストを書く7.1 Jestで始めるユニットテスト7.2 コンポーネントはスナップショットテストで7.3 コードカバレッジを見る第8章 プロダクションコードの生成8.1 webpackの設定を分離する8.2 CSSをminifyする
iOSアプリ開発デザインパターン入門 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
インプレスR&D (2018-06-15)
売り上げランキング: 1,542

KindlePrice:¥691 Save¥1,253(64%)

 

【初級者を中級者にステップアップ!iOSアプリケーション開発者・教育者必携!】本書はMVCやMVVMなどと呼ばれるiOSアプリケーション開発をするために必要な設計を学ぶことで、アプリケーション開発の初級者が中級者へステップアップするための各種デザインパターン学習書です。iOS初級者がスムーズに中級者になる為に必要な知識を体系的にまとめています。〈本書の対象読者〉iPhoneアプリ入門書を一通り読んだが具体的な作り方がわからない人iOS歴6ヶ月未満の初級者iOSエンジニア教育担当者【目次】第1章 前準備 ~おすすめ書籍1.1 おすすめの入門書1.2 中級者向けの書籍1.3 その他UIやアニメーション、オートレイアウトなどの理解が深まる書籍第2章 前準備 ~オブジェクト指向とは2.1 オブジェクト指向とは?2.2 クラス2.3 継承第3章 前準備 ~プロトコル指向とは3.1 プロトコル指向とは?3.2 プロトコル第4章 前準備 ~入門書には書かれていないが重要なiOS開発Tips4.1 コードでレイアウトを組む4.2 IBActionを使わずコードで定義する4.3 ViewControllerのライフサイクル4.4 メモリ管理4.5 Delegateを使って処理を別クラスに任せる4.6 Closure4.7 Grand Central Dispatch4.8 Web API第5章 Model View Controllerデザインパターン5.1 MVCとは Model層の役割 View層の役割 Controller層の役割第6章 MVCでタスク管理アプリを作ろう6.1 Model層のレイアウト6.2 View層のレイアウト6.3 Controller層のレイアウト6.4 タスク作成画面6.5 AppDelegateでTaskListViewControllerをrootViewControllerに設定第7章 Model View ViewModelデザインパターン7.1 MVVMとは Model層の役割 ViewModel層の役割 View、ViewController層の役割第8章 MVVMでGitHubクライアントアプリを作ってみよう8.1 アクセスするAPI8.2 Model層のレイアウト8.3 ViewModel8.4 View8.5 ViewController8.6 AppDelegateでTimeLineViewControllerをrootViewControllerに設定
Hello!! Vue.js 最新プログレッシブフレームワーク入門 Hello!!Vue&Nuxtシリーズ (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
【新しいフロントエンドフレームワーク「Vue.js」チュートリアルガイド!】本書はシンプルなAPIやわかりやすい使い勝手で初心者でも活用しやすいJavaScriptフロントエンドフレームワーク「Vue.js」の解説書です。Vue.jsの始め方から基本的な使い方、実際に簡単なWebアプリケーションを作成するところまでをサクッと理解できます。【目次】第1章 Vue.jsことはじめ1.1 フロントエンドフレームワークが必要なわけ1.2 Vue.jsとは1.3 Progressive Framework1.4 コミュニティ1.5 ガイド1.6 派生プロジェクト1.7 何故 Vue.jsを選ぶのか1.8 まとめ第2章 Vue.jsのはじめかた2.1 JSFiddleを使う2.2 CDNを使う2.3 npmを利用して環境を構築する2.4 vue-cliを利用して環境を構築する2.5 Ruby on Railsで使う2.6 Laravelで使う2.7 まとめ第3章 Vue.jsの基本的な使い方3.1 Vueインスタンスの作成3.2 ライフサイクル3.3 リアクティブシステム3.4 ディレクティブ3.5 算出プロパティ(computed)3.6 コンポーネント3.7 まとめ第4章 ToDoリストを作る4.1 フォームを作る4.2 リストの作成4.3 listに追加できるようにする4.4 ToDoを完了できるようにする4.5 まとめ第5章 単一ファイルコンポーネント5.1 単一ファイルコンポーネントとは?5.2 利点5.3 まとめ第6章 Vuex6.1 Vuexとは6.2 コア機能6.3 module6.4 まとめ第7章 vue-router7.1 vue-routerとは7.2 動的ルートマッチ7.3 ネストされたルートで表現するコンポーネントのネスト7.4 プログラムで遷移させる7.5 リダイレクト7.6 コンポーネント内で動的なセグメントの値を取得したいとき。7.7 まとめ
PythonでGUIをつくろう─はじめてのQt for Python (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
インプレスR&D (2018-01-18)
売り上げランキング: 357

KindlePrice:¥691 Save¥1,253(64%)

 

PythonGUIをつくる!】2018年6月にオフィシャルリリースされたQt for Pythonを利用して、インタラクティブで機能的なGUIPythonで作成してみませんか? 本書はQt for Python とQt Quickを使用したUIの基本的な作成方法を解説します。【目次】第1章 Qt for Pythonとは1.1 Qtについて1.2 PythonバインディングであるQt for Python1.3 Qtで作成できるGUIフレームワークについて第2章 PythonとQt開発環境のセットアップ2.1 Qt for Pythonの使用要件2.2 開発環境を整える第3章 Qt for Pythonの導入3.1 Anacondaでの仮想環境の構築3.2 Qt for Pythonのインストール3.3 PyCharmを使用してPySideのバージョンを表示する。第4章 画面の作成4.1 Qt Creatorを使ってみる4.2 QML記法の基礎4.3 Qt Creator デザインモードを使ってみる第5章 PythonでのGUI制御5.1 Qt for PythonHello Worldを表示5.2 PythonとQMLとの連携5.3 画面のスタイルについて第6章 GUIアプリケーションの作成6.1 作成するアプリケーションの画面と構成6.2 画面の作成6.3 Pythonにおけるコード作成6.4 まとめ
ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
【あなたのラズパイ、余らせてませんか?もっと活用できます!】本書はRaspberry PiをつかってFMやインターネットラジオを聞くための環境構築マニュアルです。ラジオの聴取はもちろん、USBドライブからのメディア再生、ブラウザーやリモコンからのコマンド実行、スケジュール実行なども実現します。ラズパイを買ったものの活用方法が無い……という方に最適の一冊です。(対象Raspberry PiRaspberry Pi 3 ModelB)〈本書の対象読者〉Raspberry Piを買ってセットアップしただけで埃を被らせている人viやemacsなどのエディタでテキストファイルの更新ができる人Windows PCで環境設定が可能な人【目次】第1章 radiberry pi!を作ろうradiberry pi!とは何か/再生対象の定義/本手順書の読み方/構築パターン/環境構築に必要なもの第2章 最小構築手順手順説明/イメージ書き込み/raspi-configコマンド/ユーザ設定/ネットワーク設定/パッケージ更新処理/日本語入力環境/音声出力確認/その他の設定第3章 モニタレス/ケーブルレス手順説明/設定するインタフェースの選択/無線接続(CUI)/無線接続(GUI)/SSH接続/シリアル接続第4章 ストリーミング再生手順説明/radiko加盟局/ストリーミングURL/radikoタイムテーブル再生第5章 ローカルファイル再生手順説明/メディア準備/ドライブのマウント設定/ローカルファイル再生第6章 FM波再生手順説明/パッケージ準備/FM波再生第7章 ブラウザー制御手順説明/事前準備/ストリーミング再生画面/ローカルファイル再生画面/FM波再生画面第8章 赤外線制御手順説明/受光素子・抵抗・ブレッドボード取り付け/リモコン信号の記録準備/リモコン信号の記録/コマンド割り当て/サービス自動起動設定第9章 Bluetooth出力手順説明/Bluetoothスピーカー再生/自動接続設定第10章 スケジュール実行手順説明/パッケージ準備/スケジュール登録/スケジュール実行確認付録A 地域別民放ラジオ局リスト付録B リモコン信号の記録(irrecord)失敗例付録C radiberry pi!パラメータシート
最新JavaScript開発~ES2017対応モダンプログラミング (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
インプレスR&D (2017-08-11)
売り上げランキング: 4,540

KindlePrice:¥432 Save¥1,188(73%)

【ECMAScript2017の最新チュートリアルガイド!】本書は新世代のJavascriptであるES2017のチュートリアルガイドです。Node.jsなどに見られるようにWebサービス開発に於ける共通言語となっているJavascriptの中でも標準的な仕様であるECMAScript2017によるプログラミング手法を基礎から学習することができます。【目次】はじめに なぜJavaScriptなのか? JavaScriptをもっと知ってもらうために第1章 JavaScript解説 1.1 ECMAScript 1.2 Node.js 1.3 JavaScriptの使われ方とその問題 1.4 JavaScriptの応用例 1.5 他にも 1.6 JavaScriptエンジニアとしてのキャリア 1.7 まとめ第2章 JavaScriptの始め方 2.1 Node.jsのインストール 2.2 npm 2.3 トランスパイラ 2.4 バンドラ 2.5 推奨パッケージ 2.6 Visual Studio Code第3章 ECMAScript 3.1 コメント 3.2 変数 3.3 関数 3.4 型とリテラル 3.5 制御構文 3.6 例外 3.7 class 3.8 便利な演算子・構文 3.9 モジュール 3.10 非同期プログラミング第4章 型の恩恵をうける 4.1 Flow第5章 ユニットテストをしよう 5.1 AVA 5.2 TDD 5.3 ウェブブラウザ向けの開発におけるテストAppendix JavaScriptの歩き方 A.1 できる限り公式ドキュメントを読む A.2 公式以外なら A.3 技術選定には注意する A.4 エンジニアが身につけるべき基礎力
Essential Xamarin ネイティブからクロスプラットフォームまで モバイル.NETの世界 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
【Xamarinの最先端技術者による解説書!】モバイルアプリ開発ツール「Xamarin」によるクロスプラットフォームのモバイルアプリ開発に役立つ情報を、関連リポジトリ集やSDK解説まで詳しく掲載。Xamarinコミュニティの最先端技術者による全方位の解説書となっています。【目次】第1章 Xamarin.Android で始めるクロスプラットフォームモバイルアプリ開発1.1 Xamarinとは?1.2 Xamarin.Androidと「ネイティブ」の違い1.3 Javaの資産をXamarin.Androidで使用する1.4 C#の利点  他第2章 できるXamarin.Mac2.1 Xamarin.Macの世界へようこそ2.2 最初のアプリケーションを作る2.3 macOS向けアプリケーションのお作法  他第3章 Prism for Xamarin.Forms入門の次の門3.1 はじめに3.2 事前準備:Prism画面遷移実装の解説3.3 XAMLでViewModelのコード補完の有効化3.4 Prism Template PackのDesignTimeViewModelLocator対応  他第4章 画面遷移カスタマイズから取り組むXamarin.iOS4.1 準備4.2 基礎編:画面遷移のカスタマイズ4.3 応用編:スワイプして消せるモーダル4.4 黒魔術編:画面内のどこからでもスワイプしてポップ  他第5章 Xamarin Bluetooth Low Energy インストール編5.1 なぜ Xamarin で BLE を実装するのか5.2 BLE の 概略5.3 Xamarin BLE Plug のインストールとサンプルコード5.4 終わりに第6章 開発者のためのXamarin関連リポジトリ集6.1 Monoのコア コンポーネント6.2 GUIフレームワーク6.3 MonoDevelop6.4 モバイル プラットフォームSDK  他第7章 Xamarin.Android SDK解説 (rev. 2017.3)7.1 Xamarin.Androidの基礎7.2 Xamarin.Android SDK7.3 Xamarin.Android SDKの仕組み第8章 Monoでモノのインターネットを目指す8.1 Mono: クロスプラットフォーム動作する.NET環境8.2 モバイル環境で多く使われるMono8.3 もっと貧弱な環境でもMonoを使いたい8.4 省電力組み込みチップESP32上でMonoを動かしたい  他
ソフトウェア技術者のためのFPGA入門 機械学習編 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
インプレスR&D (2017-10-13)
売り上げランキング: 19,010

KindlePrice:¥778 Save¥1,814(70%)

【ソフトウェアプログラマのためのFPGAチュートリアルガイド!】プログラム可能なハードウェア「FPGA」をソフトウェア技術者が活用するためのチュートリアルガイドです。FPGAの基礎知識からツールの入手方法、機械学習を例にした実際の動作までを図表やツールの動作、ソースコードの紹介を交えてわかりやすく紹介しています。【目次】第一章 プログラムできるハードウェア 基礎知識:FPGAとは ソフトウェアのFPGA化にあたって FPGA開発言語 FPGAの処理構成 FPGAの開発フロー第二章 開発環境の整備 SDSoCとは 開発環境(Linux環境) SDSoCのダウンロード インストール ライセンスの取得 起動とライセンスの設定 評価ボード ZedBoard第三章 ハードウェア・プログラミング (スタートアップ編) プロジェクトの作成 プロジェクト ソースコードの作成 コンパイル 実機で動作確認 FPGA化する関数の指定第四章 機械学習ソフトウェア アルゴリズムを確立する ソースコード 関数の構成 ソフトウェアの動作確認第五章ハードウェア・プログラミング(組み込み編) SDSoCに適用 関数のFPGA化 SDSoCのpragmaで転送方式の指定 FPGA化する階層を1つ上げる 2つの関数をFPGA化 上位関数CNNLayerを対象第六章 ハードウェア・プログラミング(チューニング編) アルゴリズムの把握 FPGA化関数のトレース データアクセスの修正 上位関数のトレース メモリアクセス ソースコードリファクタリング メモリアクセスとリファクタリング例 生成される回路規模 HLSプラグマの適用 エミュレータ
Scalaをはじめよう! ─マルチパラダイム言語への招待─ (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
【マルチパラダイム言語・Scalaの入門書!】本書はオブジェクト指向と関数型の特徴を併せ持つマルチパラダイム言語Scalaプログラマ向け入門書です。「コードが難しい」「コンパイルが遅い」といったScalaに対する誤解を解き、JVM上でバイナリが動作し、Javaのライブラリをシームレスに利用可能な特徴を活かしたプログラミングを行うためのガイドブックとしておすすめです。【目次】第1章 Scalaの世界へようこそ第2章 Scalaの環境を作る第3章 Hello Worldを噛み砕こう─エントリポイント・メソッド・式と文・ブロック式第4章 FizzBuzzしてみよう─for式・if式といった基本的な制御構文第5章 オブジェクト指向で多角形を扱おう─クラスやトレイトといったオブジェクト指向に関わる構文第6章 FizzBuzzを作ってみよう─パラメータ多相・コレクション・関数第7章 安全第一─エラーハンドリング・Option・Either第8章 らくらく非同期処理 ─Future第9章 またFizzBuzzしてみよう─IO・JSON・implicit・テスト
Pragmatic Opal Rubyで作るブラウザアプリケーション開発ガイド (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
RubyからJavaScriptへのトランスパイラ「Opal」のチュートリアルガイド!】本書はRubyで書いたソースコードJavaScriptに変換するトランスパイラ(ソースコードコンパイラ)であるOpalのチュートリアルガイドです。Opalの入門、応用、実践と実用的なアプリケーションを作るための解説に加えてOpalの活用事例も掲載しています。【目次】第1章 Opal入門1.1 Opalって何?1.2 How to Install1.3 OpalでWebアプリケーションをつくろう1.4 Sinatraアプリとして動かす第2章 Opal応用編2.1 OpalでJavaScriptのコードを呼びだしてみよう2.2 Opalでgemをつくろう2.3 OpalでJavaScriptAPIラッパーを作る第3章 実践Opal3.1 Opalで実用的なアプリケーションを作るために3.2 HyaliteでVirtual DOMを扱う3.3 MeniliteでIsomorphicプログラミングをしよう第4章 WebSocketを使って共同編集する第5章 Opalの活用事例5.1 【寄稿】ICFPCビジュアライザ5.2 プレゼンテーションツール「Gibier」
Mackerelではじめるお手軽Webサービス監視 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))
インプレスR&D (2018-06-15)
売り上げランキング: 6,276

KindlePrice:¥605 Save¥1,123(65%)

【Mackerelでお手軽Webサービス監視!】本書は株式会社はてなが提供するサーバー監視サービス「Mackerel」について、導入方法やその特徴、現場で活用するノウハウについてまとめたものです。Webサービスの監視に必要な情報をコンパクトにまとめています。【目次】第1章 なぜゆえの監視1.1 誰のためのモニタリング1.2 監視にもとめられるもの第2章 Mackerelについて2.1 Mackerelの特徴① 導入の容易さ2.2 Mackerelの特徴② プラグイン開発の容易さ2.3 Mackerelの特徴③ 課金体系2.4 用語について第3章 Mackerelの導入3.1 Mackerelに登録する3.2 mackerel-agentのセットアップ3.3 Windowsへのmackerel-agentの導入3.4 ユーザーの招待第4章 MackerelによるWebシステム監視4.1 システムメトリック4.2 公式プラグインのセットアップ4.3 TOML4.4 mackerel-agent.confの設定の反映  他第5章 プラグイン開発による対象メトリックの追加5.1 プラグインによるメトリック監視5.2 プラグイン実行時の環境変数の設定第6章 チェック監視6.1 メトリック監視とチェック監視6.2 go-check-plugins6.3 check-httpプラグインによる死活監視6.4 check-logプラグインによるログ監視  他第7章 アクセスログの可視化によるサービス水準の監視7.1 mackerel-plugin-accesslog7.2 mackerel-plugin-accesslogによるアクセスログの集計7.3 サーバーダウンの場合のメトリック第8章 URL外形監視によるWebサイトのヘルスチェック8.1 URL外形監視の設定8.2 URL外形監視のアラート通知8.3 User-Agentの設定8.4 IPアドレス帯域の設定8.5 Basic認証の設定第9章 バッチ処理のロギングと監視9.1 バッチ処理の監視に必要な要素9.2 実装例第10章 APIを使用したサービスメトリックの投稿10.1 サービスメトリックについて10.2 Azure Functionsによるサービスメトリック作成10.3 グラフの共有10.4 サービスアノテーション第11章 コマンドラインツールmkr11.1 APIキーの設定11.2 mkrの機能11.3 ホストのステータスの更新11.4 メトリックの取得第12章 まとめ

ここで紹介しきれなかった対象タイトルはこちらのリンクからどうぞ!

internet.watch.impress.co.jp

【あとがき】

最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログの内容が「よかった!」という方は是非読者登録をお願いいたします。

また、当ブログへ改善点やご意見等あります方は、コメント欄からご指摘いただければと思います。